「オートエクゼ」がマツダCX-5&デミオのフルバンパーエアロを発売!


機能パーツの進化をエアロキットでも表現
ミリ波レーダーにも対応グリルを採用!

マツダ車のチューニングパーツを開発・販売する「オートエクゼ」が、CX-5およびデミオの新世代ボディ「AutoExe 05S」シリーズをリリース。従来のハーフタイプエアロはフルバンパータイプに進化し、リヤルーフスポイラーと合わせ、精悍なスタイリングが完成した。

オートエクゼの05シリーズは、サスペンションやブレ-キットなどの動的感性とスタイリングといった静的感性をストリートスポーツとして昇華させるアイテム群だ。
今回リリースを開始した「05S」とは、動的感性(サスキットやブレーキ)の性能向上に伴い、ボディキットのデザインも進化。

フロントはフルバンパータイプで一体式の新意匠のトラペゾイド(台形)グリルを採用する。
グリル中央はマークレスとして引き締まった表情に変化するだけでなく、CX-5用はミリ波レーダーにも対応している。
リヤルーフスポイラーと組み合わせることで、前後のバランスが取れたフォルムを実現する。

このほかCX-5用として、ストリートからスポーティ走行まで安定した制動力を確保する「ストリートスポーツブレーキパッド」は後期型のリヤ用を新開発。ラムエアーインテークシステムも新たに設定された。

スクリーンショット 2016-05-09 19.26.58

デミオ用は、ガソリンエンジン用のスポーツインダクションボックスを追加。スポーティな吸気サウンドを満喫できる。また、純正置き換えタイプのプレミアムテールマフラーも新たにリリースされた。

スクリーンショット 2016-05-09 19.26.49

オートエクゼでは、このほか車高調整式サスペンション「ストリートスポーツサス・キット」など、CX-5とデミオの走る楽しさを高めるアイテムも用意している。

【関連記事】