スポーツカー・ドレスアップが増殖中【SAM】


スタンス系はミニバンを凌駕する
スポーツカーのドレスアップ

宮城県のスポーツランドSUGOというサーキットを舞台に開催している影響か、スポーツカーのドレスアップが多かった11月3日の「SAM(SUGOオールジャンルミーティング)」。
なかでも目に付いたのは日産車、フェアレディZとスカイラインのエントリーだ。特にZ33は中古車の価格もこなれてきたし、思い切りイジるにはベストな素材かも?

01

ドレスアップの定番といえワゴン&ミニバン、そして東北は昔からセダンも根強い人気を誇っている。走りやすい峠やサーキットが多いせいか、スポーツカーをドレスアップする人は決して多くなかった。

それが“スタンス系”の隆盛とともに、いささか流れが変わってきたようだ。SAMのドレスアップコンテストでもスタンスは独立したカテゴリーとされており、ざっと見たところスポーツカーの台数はワゴンやミニバンを脅かす勢い。

そのなかで多かったベース車を挙げるなら、断然フェアレディZとスカイラインだろう。Z33型フェアレディZやV35型スカイラインの安いモノなら50万円を切る価格だが、アメリカを意識させるワイド&ローなシルエットは今でも古さを感じさせない。02

人気車種だけにアフターパーツも豊富にあり、カスタムベースとしてのあらゆる条件をクリア。ドレスアップの方向性もスタンスのみではなく、実用性を重視したシンプルなものから、ド派手なオーディオメイクまで千差万別だ。
当然ながらサーキットを走れるようなチューニングも可能だし、クルマ遊びの幅広さとしては数あるベース車両のなかでトップクラスかも知れない⁉︎

03エアロやボディカラーは大人しめに、大胆なローダウンと鬼キャンでアピールするZ33型フェアレディZ。04超ディープリムのメッシュホイールはパステルブルーに塗装され、その奥にはゴールドのブレンボが顔を見せる。『スタンス』にエントリー。

どのカテゴリーにも属さない『アナザー』にエントリーするV35型スカイライン/クーペ。05内外装ともシンプルに仕上げた大人のドレスアップだが、グリーンメタリックに塗られたキャリパー、そして同色のホイールナットなど細部の演出には凝っている。06トランクルームには、バスレフタイプのウーファーボックスにツインでサブウーファーをセット。しかし、実用性も考慮して鞄を積めるスペースは残している。

たくさんのフェアレディZ&スカイラインがエントリーしていたけど、ココまでオーディオに特化したのは、このZ33型フェアレディ1台だけ。07着地状態のローダウンにボディ同色リムのホイール、エアロやボディカラーと隙のない作り込みは圧巻。08

(レポート&撮影:佐藤 圭)

【関連記事】