「ホンダ」が東京オートサロンにNSXやS660など10台を展示


走りまたはアウトドアを楽しむ
2タイプのフリードを提案

1月13〜15日に千葉県の幕張メッセで開催される『東京オートサロン』に、ホンダはNSXや特別色を採用したS660など11台の4輪車を展示する。
先日発売されたばかりの新型フリードのモデューロXコンセプトといった、市販を前提にしたモデルもラインアップ。

新型NSXは市販モデルの展示となるが、S660はブラウンのボディカラーにレザーシートでコーディネートした『S660 Bruno Leather Edition』を参考出品。
新型フリードは2タイプのモデルを参考出品。

『フリード・モデューロXコンセプト』は、これまで登場したステップワゴン・モデューロX同様、しなやかな乗り味とスポーティなエクステリアを実現するという。 2列シートの『フリード+(プラス)』にアクティブなスタイリングとユーティリティー性能を加えたのが『フリード・アクティブコンセプト』。アウトドアを楽しむライフスタイルの提案だという。

また、ステップワゴン・モデューロXスペシャルエディション、無限フリードも登場する。

MUGEN フリード

このほかF1マシンやスーパーGT2017年シーズンに参戦するマシンなども展示も予定されている。

ホンダ http://www.honda.co.jp/

【関連記事】