随所にエングレービング塗装を配する「KUHL」のスポーツモデル3種【東京オートサロン2017】


ボディキットを纏い迫力ボディを
刺激的なカラーでオールペン

東京オートサロン2017の「クールレーシング」ブースは、究極のカスタムペイントとでも呼ぶべき『エングレービング&メタルペイント』を全身に纏うヴェルファイアとスバルWRXが注目を集めている。
そんな同ブースに展示されるほかの8台も、超絶ドレスアップが施されている。その中からトヨタ86(サイオンFR-S)、日産スカイライン、トヨタ・プリウスをピックアップする。

KUHL RACING 86 WIDEBODY

北米などで販売される左ハンドルのトヨタ86(サイオンFR-S)に、クールレーシングのワイドボディキットを装着。エングレービングとメタルペイントを効果的に使うことで、スポーツとアートを高い次元で融合させた。ボルトオンターボによりパワーアップしたエンジン、機械式LSDや調整式アームなどで走りも死角ナシ!

ボディはキャンディレッドに全塗装。270psを誇るエンジンを活かすため、冷却系にもシッカリ手が入る。車高調整式サスペンションはHKSをチョイス。

KUHL R34改 WIDEBODY DRIFT

走りを前面に押し出しながら、ドレスアップも忘れない日産R34型スカイライン。
2.8リットルに排気量アップしたRB26型エンジンは、HKSのVカムやT04タービンでピークパワーは630psを絞り出す。
エンジン出力のアップに伴いラジエーターやオイルクーラーといった冷却系も万全。
ハイパワーながら扱いやすい出力特性に仕上げられている。

外装はキャンディブルーに全塗装し、クールレーシングの新作ボディキットでGT-Rルックスに変身。なおボディ幅はGT-Rのノーマルよりも片側で40mmもワイド化されている。

KUHL 50PRIUS ENGRAVING

エコカーの代名詞的な存在でありながら、ドレスアップのベースとしても人気が高いトヨタ50プリウス。
キャンディレッドのボディにクールレーシングのエアロをまとい、要所要所にエングレービングとメタルペイントを散りばめる。
エアサスで低く構えたスタイルや4本出しマフラーなど、エコロジーな部分はそのままにアグレッシブな印象に仕上げた1台だ。 合計7点のエアロパーツで大胆にイメージチェンジ。足もとはオリジナルの新作ホイール『VERZ-DESIGN KCV02』の20インチ。

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by