スズキが妖艶ボディカラーのカスタマイズを新提案【東京オートサロン2017】


スペーシアカスタムをドレスアップ
派手なクルマでもさらなる伸びしろを提案

東京オートサロン2017の「スズキ」ブースで、最新軽自動車のカスタム事例を発見。
まさにドレスアップのお手本ともいえる『スペーシア カスタムZ プレミアム』。
ノーマルでも存在感のあるグレードで、どこまでオリジナリティが出せるかがポイントだ。

ベースは2016年末に発売されたばかりのスペーシア カスタムZだ。
ノーマルでも大型メッキフロントグリル、フロントバンパーなどの専用装備によって、軽自動車とは思えないほどの迫力を演出するなど、もはやカスタマイズの必要性すら疑問に感じる。
しかし、軽自動車クラスのなかでも人気を集めるのは必至といえることから、他者と差別化を図るべくオリジナリティを演出したいところだ。

この『スペーシア カスタムZ プレミアム』は、ベース車が持つ迫力を活かしながら高級感や重厚感をさらに増幅させているのが特徴。
とくに目を引くのがボディカラー。ブラックをベースに大粒径フレークをあしらい、さらにクリアコートを施すことで煌びやかな印象を与える。
このクルマを手掛けたデザイナーによれば
「フレークの大きさは何種類もあり、それらを試し吹きしながら、こうしたショー会場の雰囲気に合ったベストを模索した特別仕立てです」とのこと。

また、ルーフやシート表皮、天井にはホワイトのクロコダイル柄のレザーをあしらう。車内はホワイトでコーディネイトされているが、ルーフ部分はスミ入れを行い、レザーの質感を強調させている。これもスミ入れの仕方を徹底して吟味するほどのこだわりよう。 ちょっとのさじ加減で仕上がりが変わってしまうので、かなり苦労したポイントでもある。そうしたこだわりによって、少し離れてみたときにもレザートップだとわかる仕上がりを実現している。足元には16インチアルミホイールを装着し、エクステリアで表現したワイド感をさらに強調している。

あくまでカスタム系スモールカーの新たなカスタマイズの提案ということもあって市販の可能性はない。
しかし、こうしたカスタムによって得られたノウハウから量産車で可能なエッセンスがあれば、それをヒントにしたカラーやデザインが生まれることもあるという。

スペーシアカスタムZを購入したユーザー、あるいは購入検討中なら、スペーシア カスタムZ プレミアムのアレンジをヒントに、自分なりのカスタムを実践してみてはどうだろうか。

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by