50プリウスのボディを補強するメンバーブレースが2月1日発売!


ボディ下部に装着して歪み抑制と補強
ハイブリッドカーでも走りを楽しめる

ラリー参戦などで培った経験を元に、高性能なボディ補強アイテムをリリースする「オクヤマ」。
近年はハイブリッドカーにも力を入れており、2月1日にはトヨタ50系プリウスのパーツが発売決定!

走る楽しさを味わえるのはガソリン車だけじゃない。今やトヨタ・プリウスがスーパーGTに出場したり、サーキットでハイブリッドカーを見かける機会も増えてきた。

「オクヤマ」ではそういったユーザーに向け、燃費など環境性能をスポイルすることなく、走りを研ぎ澄ますアイテムを提供している。
新たにデビューするのは50系プリウスのフロア下部にボルトオンで装着してボディを補強するパーツだ。

『フレームブレースフロント』は、純正の補強板と交換するだけのバージョン1、それに加え左右を連結するバーを追加したバージョン2をラインナップ。
コの字型のバーが『フレームブレースフロント』のバージョン1、右下の左右に分かれているバーがバージョン2だ。いずれもパイプはねじれに強いスチール製のオーバルシャフトを採用。また傷に強い塗装も施されている。

上は、第1メンバーと共締めすることで、純正補強板の効果がアップする『フレームサポート部レース』。『フレームブレースフロント』のバージョン1と同時に装着することも可能。

『フレームサポートブレース』は純正補強板の取り付け部をさらに補強し、『フロアブレースパネル』はフロアセンタートンネルの歪みを抑制。ボディ前後の一体感を生み出す。重量増を嫌い、本体に穴を開けるコダワリにも注目したいところ。

リヤまわりの剛性を高めるアイテムが『フレームブレースリヤ』。コーナー立ち上がりの操縦安定性に大きく貢献する。。脱着はカンタンなのでセッティングパーツのひとつとして活用したい。

価格はいずれも9800~2万7800円とリーズナブルなので、気軽に購入できるのも大きな魅力だろう。

ハイブリッドカーではアクアのパーツも充実している。50系プリウスと同じくボディ補強、また公式競技に参戦するためのロールケージやトーイングフック、から下まわりを守るガード類など多数ラインアップする。

【関連記事】