レクサスGSを乗り継ぎドレスアップする理由 (1/3ページ)


一度乗ったらやめられない
それが「レクサス」の魅力

LSとGSを筆頭に、セダンのドレスアップシーンを大きく賑わせている「レクサス」。
各地のドレスアップイベント会場を見ても、レクサスオーナーの活躍が非常に目立っている。九州から全国のイベント会場を目指して走る是澤クンのGSも、間違いなくその一台。
どこから見てもスキがなく、高級ブランドに相応しいクオリティを見せつける。「レクサス」が好調だ。昨年の全世界販売実績は、3年連続で過去最高を達成。今年上半期の実績を見ても前年同期より大きく上回ったことから、おそらく今年度もその連続記録を更新することは間違いないだろう。

振り返るとVIPセダンの歴史において、レクサスというブランドは常にオーナーから羨望の眼差しを浴びていた。
「レクサス」のデビュー作、1989年に登場した日本では10系セルシオとして販売されていたLS400。セルシオとの見た目の違いは左ハンドルとエンブレム、レンズ類くらい。

そして2005年、日本全国にレクサスディーラーが立ち並ぶ。そのブランド名は多くの人々に浸透している。

しかし、当時日本では展開されていなかったブランドだけに、乗っているだけで周囲から一目置かれたものだ。エンブレムをトヨタからレクサスに付け替えるワザが流行ったのも、その高いブランド力に憧れを持つ人が多かったことの証明だ。

ヘッドライトは自作加工。LS3連プロジェクターを移植してサイボーグ感を出す。こちらも枠は黒。

 

「あまりクルマに詳しくない人にも、『レクサスに乗ってるんだ、すごいね』と言われることが多いですね」。
そう語るのは、約7年前からGSに乗る是澤クン。前の愛車はトヨタ16系アリスト(レクサスGS)。その後継モデルである19系GSに惹かれるのも、自然な流れと言える。

宮崎県
是澤 哲平(38) VIP歴14年
塗り替えを考えているが「今の仕様が一番カッコいいと思っているので悩みますね」。イベントに参加しつつ、地元の後輩を育てることが目標。

「外装も室内も16系(アリスト)と比べると高級感があり、機能面も進化している。乗っていて優越感に浸れるのがいいですね。レクサスは本当に魅力的な存在。一度乗ったら絶対にハマります」。
しかしノーマルで乗るつもりはなく、ドライバーズセダンを象徴するスポーティなフォルムを、独自のセンスでさらなる走りの領域へと導いた。


おすすめ記事
Recommended by