マツダが初代「ロードスター」のレストアサービス開始を発表!


レストアの受付は2017年より開始
純正パーツの再供給もスタート!!

マツダは、初代「ロードスター」(NA型)を対象とした『レストアサービス』を開始する。
この『レストアサービス』とは、末長くマツダ車を乗り続けられる環境作りを目的に、「レストア事業」と「パーツ再供給」のふたつからなるサービス。
レストア事業は、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもので、2017年内に受付を開始し、2018年初頭よりサービスを始める予定。
また、すでに絶版(製廃)となっていた純正パーツの復刻「パーツ再供給」もスタートする。ROADSTAR

「レストア事業」は、マツダがユーザーと直接面談し、クルマの状態や要望に合わせたサービスを実施。
作業を行なうマツダ社内にある施設は、ドイツに本社をおく第三者検査機関「テュフ ラインランド ジャパン」よりクラシックカーガレージの認証を取得する予定だという。
このようにハイレベルなレストアを施すことで、蘇ったクルマを高い品質でオーナーの元に届けられることになる。ROADSTAR

また、『パーツ再供給』は、すでに供給終了となっている初代「ロードスター」の一部パーツを復刻。2018年初頭より販売を開始する。
パーツはオリジナル状態にこだわり、発表当時を彷彿とさせるビニール生地のソフトトップやデザインを再現。他にも、乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤ「SF325(185/60R14)」、「NARDI」製ウッドステアリング/シフトノブを現在の技術で復刻させる。

じつは、レストアという仕事は「マツダ」にとって初の取り組み。経験豊富な第三者機関のサポートのもと、レストアトライアルを実施し、その品質検証を行なってきた。その結果、確かなプロセスと品質でレストアサービスを提供できる見通しと復刻パーツの発売を実現できるようになったようだ。ROADSTAR

 

初代ロードスターは、1989年に誕生。国内だけでも約12万台が販売され、28年が経過した2017年になっても、約2万3000台が大切に愛されて走っている。
「”誰もがしあわせになる”。初代NAロードスターのカタログに書かれているメッセージを、いま一度NAロードスターのユーザーと共に分かち合い、想い出の詰まった愛車と、ずっと共に走り、共に歓び、そして幸せに人生を楽しんで頂きたい、そう願っております」とメッセージ。ROADSTAR

なお、パーツ再供給のバリエーションも増やしていく可能性もあるとのこと。
レストア事業やパーツ再供給の情報は下記サイトで随時更新している。

 

■初代「ロードスター」レストアサービス(マツダオフィシャルサイト)
http://www.mazda.co.jp/carlife/restore/