実践至上主義で開発された1ピースホイール「GTX01」


わずかな駄肉をそぎ落とし軽量化
厚さ3mmで強靱な剛性を確保

『プロフェッサー』や『エグゼキューター』。VIPセダンオーナーからはその2種類のドレスアップ系ホイールの支持が根強いホイールメーカーが「SSR」だ。彼らの開発は常にサーキットから始まっている。だから「SSR」のホイールは、実戦至上主義に裏打ちされた説得力を持つのだ。
それを反映した最たるモデルがGTブランドであり、その最新作が『GT X01』。既存のハイエンドシリーズ“F”と、価格を抑えた“V”、その中間を繋ぐ新カテゴリー“X”の第一弾としてデビューした。

GT X01全体のデザインは、スーパーGTに投入されているレーシングホイールを忠実に再現。
大胆にくり抜いたセンターパート。スポークの付け根に刻まれたディンプル。左右非対称のスポーク形状。

大きく抉ったセンターパート。軽量化のため、極限まで贅肉を省く。スポーク付け根のディンプルで、グラム単位まで削り落とすというこだわり。

その全ては、レースで勝利するために計算された造形。わずかな駄肉もそぎ落とした軽量1ピースホイール。レプリカモデルではあるが、サーキットでも存分にパフォーマンスを発揮できるホイールなのだ。

GT X01では、通常のフローフォーミング製法から一歩進んだFFTーR製法を初採用。リム形状の最適化によって、リム厚は3mmまで削り落とすことに成功している。もちろん強度を維持したままで、だ。サイドを薄く削ぎ落としたスポーク。逆側にはリブを設けて、剛性を強化している。マット仕上げとすることで、スポーティな雰囲気をさらに高める。

フェイスはディスクの落ち込み具合の異なる3つのデザインを設定。最も角度がつくフェイスCでは、極上のコンケーブ感も楽しめる。まがい物ではない、本物のレーシーさを求めるオーナーの心に響くはずだ。スポークエンドはリムに繋げることで、剛性を確保。その奥にうっすらと見えるSSRロゴは、天面にマシニングを施し、しっかりと存在を主張する。

センターキャップは別売りにて対応する。愛車の足まわりに合わせて、フェイスの高さはスーパーロー(A)、ロー(B)、ハイタイプ(C)の3種類から選択できる。カラーは、ダークシルバーとフラットブラックの2種類だ。

GT X01サイズ&価格一覧

サイズ価格(税別)フェイスH/PCD
17×7.0J¥37,000A4/100、5/100
17×8.0J¥39,000A5/100、5/114.3
17×9.0J¥41,000B5/100、5/114.3
17×10.0J¥43,000B5/114.3
18×7.5J¥41,000A5/100、5/114.3
18×8.5J¥43,000B5/100、5/114.3
18×9.5J¥45,000B、C5/100、5/114.3
18×10.5J¥47,000C5/114.3
19×8.5J¥49,000A5/114.3
19×9.5J¥51,000B5/114.3
19×10.5J¥53,000B5/114.3

インポートサイズ

サイズ価格(税別)フェイスH/PCD
18×8.0J¥42,000A5/112
19×8.5J¥49,000A、B5/112、5/120
19×9.5J¥51,000B5/120

SSR TEL072-728-6700 http://www.rd-tanabe.com

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】