R35GT-Rを最新モードの2017年モデル仕様に【KUHL RACING】


ボンネット交換不要でMY17ルックへ
『R35GT-R BODY KIT 35R-SS』を披露

9月10日(日)に開催されたGT-R乗りの祭典「R’s Meeting 2017」。GT-Rに縁の深いメーカー&ショップがブースを出展するなか、「KUHL-RACING JAPAN(クールレーシング・ジャパン)」ではR35GT-R用ボディキットを披露した。
当日にワールドプレミアされたのは、『R35GT-R BODY KIT 35R-SS』。これまで、デザイン性を高めた「35R-GT」や美しいブリスターフェンダーを持つワイドボディキット「35R-GTW」と、R35GT-Rに力を入れる同社にとって、今作が3作目となる。
まずは、そのディテールをチェックしていこう。kuhl クールレーシング R35 GT-R 35R-SS

この最新モデルは、これまでとは違って実にシンプルな印象さえ受ける。アイコンともいえるダクトの主張は少なく、ワイドボディでもない。
そう、今作は2017年モデル純正(以降:MY17)をリスペクト。Vモーショングリルやエッジを強調したデザインを採用し、精悍なフェイスへとアップデートしたMY17の雰囲気を、2008〜2015年モデルで手にすることが可能となった。
*写真は2008年モデルkuhl クールレーシング R35 GT-R 35R-SS

さらに、MY17から変更された純正ボンネットのプレスラインは、それまでのR35GT-Rと同じラインをバンパーへと踏襲。
これまで、MY17ルックを行なうには純正バンパーにくわえ、高価な純正ボンネットまで必要だったが、「KUHL-RACING JAPAN」ではフロントバンパーへと繋がるようにライン成型することで、ボンネット交換不要で手軽にMY17ルックが楽しめるよう配慮した。
また、バンパー開口部のセンターフィンは取り外し可能。躍動感を増幅させる専用フロントディフューザー(MY17にも対応)も新設定した。

ボトムをフレアさせて重厚感を高め、シャープな造形で描かれる躍動的なサイドステップも用意。
さらに、その下にセット可能なサイドディフューザーも追加設定に。kuhl クールレーシング R35 GT-R 35R-SS

そして、リアバンパーもMY17を印象付ける意匠。
ボトムにメリハリを与えるアッパーディフューザーや、疾走感を高めるリアフローティングディフューザーも設定される。kuhl クールレーシング R35 GT-R 35R-SS

ダックテール形状にデザインしたトランクスポイラーも注目。
純正ハイマウントストップランプが流用可能で、小ぶりながらもアクセント効果を高めることができる。おなじみのスワンネックGTウイングとの併用もOK。kuhl クールレーシング R35 GT-R 35R-SS

kuhl クールレーシング R35 GT-R 35R-SS

 

今回の「R’s Meeting 2017」では、オリジナルブランド「VERZ WHEELS」から新作『KCV-03』も披露。
これまでメッシュのKCV-01、10本スポークのKCV-02に続く第3弾は王道5スポーク。マッシブなスポークとセンターで大胆に落ち込むコンケーブデザインを採用し、オーダーインセットが可能な20&21インチを用意する。なお、こちらの発売は11月を予定している。KCV03 kuhl ホイール

R35GT-Rとはいえ、前期〜中期モデルの中古車価格も落ち着いてきた。
これからが狙い目なベース車を、憧れの最新モードで着飾ってみるのも悪くないはずだ。

 

『R35GT-R BODY KIT 35R-SS』の詳細はコチラ

クールレーシングジャパン TEL052-693-9893
http://www.kuhl-japan.com/