エンジンの燃焼室を洗浄すると調子が良くなるって本当? (1/2ページ)

エンジンの燃焼室を洗浄すると調子が良くなるって本当?

定期的に行いたい内部洗浄は
過走行なクルマほど効果的

 過走行車の場合、気になるのがエンジン内部の状態。今回は、吸気系浄化システム『RECS(レックス)』で、エンジンの吸気側の洗浄を行うことにした。

 添加方法は、専用の投入容器を使ってインテークマニホールドのバキュームホース接続部から行い、少しずつ時間をかけて注入していくというものだ。施工終了後にアイドリングすると、びっくりするぐらいの白煙がマフラーから排出。これは、汚れと余分な添加剤が燃焼され白煙になったものである。

 施工前後の比較は、下の比較写真を見てもわかるように、焼室壁面に付着したカーボンの汚れがキレイになっているのが見てとれる。バルブ上部の汚れも少しずつ走行中に落ちていくようだ。

【関連記事】ブレーキパッドの寿命は?交換費用や交換時期について解説!

レックス、RECS、WAKO'S、過走行、エンジン添加剤

オイル交換2〜3回に1回の施工で効果を維持できる

 試乗してみると、明らかにエンジンの吹け上がりが良くなった。また、燃費も良くなり、エンジン音が静かになったように思う。

 レックスは定期的に行なうと効果を維持できるようなので、オイル交換2〜3回に1回の施工がオススメだ。

レックス、RECS、WAKO'S、過走行、エンジン添加剤画像はこちら

 医療用カメラを使って、インジェクター上部の汚れを見てみると、施工前は壁面にベッタリとこびりついていたカーボンが、施工後はキレイになっているのがわかる。

 まだ吸気バルブにカーボンが残っているのが確認できるが、これも走行中徐々にキレイになっていくという。

画像ギャラリー