スーパー軽自動車!ターボ&NOSチューンで200馬力【スーパーカーニバル2017】


スペース重視のスズキ・パレットを
ドッカンターボ仕様にチューニング

2017年10月8日に大阪市舞洲スーパーアイランドで開催されたカスタムカーの祭典「スーパーカーニバル2017」には、ドレスアップコンテストに参加する300台のワゴン、ミニバン、軽自動車が集まった。
そんな中で異彩を放っていたのが、写真のスズキ・パレット。高めの車高に国際ナンバーを装着。ラゲッジにはNOS(ニトロ)のタンクが・・・。
じつは最高出力200馬力のモンスターマシンだった。

まずナンバープレートだが、各都道府県の運輸局事務所が発行する「国際ナンバー(通称カルネナンバー)」。有効期限は1年間なのだが、ドレスアップ性は十分にあるだろう。
オーナーは、このナンバーを装着したクルマを日本からオーストラリアに送って乗っていたそうだ。

このクルマを見たとき、ラゲッジルームのNOSタンクはフェイクだと思った。ただ、それにしては本格的なホースが使われているなという程度だった。
ところが、エンジンルームを覗くとNOSを噴射するノズルやアクチュエータがある。 オーナーに話しを聞くと、助手席のタンクがメインで、ラゲッジのはサブタンクだという。
ターボはスズキ・ラパン用のHKS製タービンキットに換装し、最高出力は90ps以上にアップ。さらにNOSを噴射することで+100ps以上を発揮。合計200psとなるわけだ。理論値では300psも可能とのことだが、パワーを出し過ぎるとタイヤがグリップしないので200psに抑えているそうだ。

これほどのチューニングしているため、冷却系も強化。エンジンとミッションのオイルクーラーのほか、スズキ・カプチーノ用のインタークーラーを装着する。

車内は、運転席がレカロシートに交換され、助手席は取り外されNOSタンクが設置されている。
さらに油圧、油温、ブースト、排気温などのメーターを追加。ステアリングはMOMO製。
そんな中で、シフトはATというのが何とも違和感さえ覚えるほどスパルタンだ。
オーナー曰く「オヤジの道楽です」とのことだが、あえてNOS燃料に混ぜないドライ噴射にしてドッカンターボを楽しんでいるのが、チューニングカー好きと感じさせられる。