【DIY】トヨタ・80ノア前期から「後期ルック」へ。必要パーツと工程を追う (1/2ページ)


ヴォクシーとエスクァイア乗りも必見
純正パーツの価格と品番を公開

7月のマイナーチェンジを経て、フェイスの印象がガラリと変わった、トヨタ・ノア、ヴォクシー、エスクァイア。イメージが一新されてスタイリッシュになった3兄弟は、前期オーナーにとって複雑な心境だと思うが、じつは加工はなく後期ルックを手にすることができる。
そんな「前期と後期の具体的な違いは?」を検証するとともに、後期仕様への手順について紹介しよう。

ということで、前期ベースでの後期化は可能なのかを早速調査。今回は「ケースペック」の協力を得て、”ノアSi”の前期車両をサンプルに、純正パーツを調達して後期化にチャレンジしてみた。
まず、フェイスまわりに関しては交換すべきパーツが多く、後期化には手間もコストもそれなりに必要。リアに関しては、変更点はリヤガーニッシュのみと、一部のアフターパーツも流用できそうな印象だ。
なお、今回はノアをベースに検証したが、一部はヴォクシーやエスクァイアにも参考となるはず。
*今回のサンプル車両には『シルクブレイズ』のフロントグリルなど、一部社外パーツが付属する。

 

【フロントまわり】

フロントで変更すべき箇所は、ざっくり言えばバンパーとフードドップモール、ヘッドライトの3点。
ただし実際に必要となる部品点数はそれなりの数になるので、注意。ココ以外のパーツは後期と前期が共通なので、アフターパーツの流用が可能だ。

80ノア ヴォクシー エスクァイア 後期仕様 後期ルック
80ノア(前期)
80ノア ヴォクシー エスクァイア 後期仕様 後期ルック
80ノア(後期ルック)

■必要な純正パーツ:ヘッドライト、フードトップモール、フロントバンパー

ちなみに、インナーフェンダーとアンダーカバーは、厳密には前期と後期で形状が異なる。とはいえ、固定時に若干のテンションがかかる程度で、前期純正のままでもOK。
また、フォグランプの装着に必要なハーネスも、固定穴が使えないが作動・機能的には問題なし。80ノア ヴォクシー エスクァイア 後期仕様 後期ルック

 

 

【リアまわり】

テールランプの意匠は異なるものの、リアまわりで変更が必要なのは、リアガーニッシュのみ。
前期のガーニッシュは左右の長さが短いが、後期はテールランプのすぐ隣まで伸びた形状となっているのが特徴だ。なお、テールランプは後期純正がポン付け可能。その他パーツは後期と共通となる。

80ノア ヴォクシー エスクァイア 後期仕様 後期ルック
80ノア(前期)
80ノア ヴォクシー エスクァイア 後期仕様 後期ルック
80ノア(後期ルック)

■必要な純正パーツ:リアガーニッシュ

 

と、簡単に後期仕様に必要な部品を説明したが、次のページでは手順と純正部品の詳細について紹介しよう!

 

【↓次ページに続く↓】