「Honda」が大阪オートメッセ2018にて全12台を展示、カスタマイズの可能性を提案する

日本人初優勝を遂げたインディ500のマシンから
注目のコンセプトモデルまで見どころ満載に!

「Honda」は、2018年2月10日(土)から12日(月)まで”インテックス大阪”にて開催される「第22回 大阪オートメッセ2018」に出展。
四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両を展示し、さまざまなカスタマイズの可能性を提案するとともに、モビリティーの楽しさやモータースポーツの魅力を伝えていくと発表した。

四輪車は、東京モーターショーで先行公開した今年発表予定の新型「CR-V」や、今春にマイナーモデルチェンジ予定を予定する「JADE RS」をベースにしたコンセプトモデルを展示。さらに東京オートサロン2018と併催された「東京国際カスタムカーコンテスト2018」において、”Kカー・コンパクトカー部門”の優秀賞を獲得した「S660 Modulo X Concept」など、さまざまなモデルを展示する。大阪オートメッセ 2018 Honda ホンダ シビック CR-V ジェイドRS大阪オートメッセ 2018 Honda ホンダ シビック CR-V ジェイドRS

また、モータースポーツ競技車両は、第101回インディアナポリス500にて、佐藤琢磨選手が日本人初の優勝を遂げたマシン「Dallara DW12」や、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)ロードレース世界選手権MotoGPクラス参戦マシン「RC213V」などを展示。ブースは、インテックス大阪・3号館(小間番号3-B70-2)となる。大阪オートメッセ 2018 Honda ホンダ シビック CR-V ジェイドRS

4輪車だけでも10台を披露する「Honda」の全展示車両は以下の通り。

 

【四輪車】

<コンセプトモデル>
CR-V CUSTOM Concept
JADE RS CUSTOM Concept
STEP WGN Modulo X Concept
S660 Modulo X Concept
MUGEN RC20GT CIVIC TYPE R Concept

<参考出展車>
MUGEN CIVIC HATCHBACK Prototype(無限用品装着車)

<市販車>
NSX
CIVIC TYPE R

<競技車両>
Dallara DW12 26号車(佐藤琢磨選手 第101回インディ500優勝マシン)
CIVIC TCR

【二輪車】

<競技車両>
FIM ロードレース世界選手権MotoGPクラス:RC213V
マン島TTレース TT Zero Challengeクラス:無限 神電 四

第22回 大阪オートメッセ 2018開催概要
開催日時:2018年2月10日(土)〜12日(月・振休)9:00〜18:00
開催会場:インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区南港北 1−5−102 MAP
主催:オートメッセアソシエイション
http://www.automesse.jp/

大阪オートメッセ 2018・Hondaブースホームページ


画像ギャラリー