『415コブラ』怒涛の新作ラッシュ。ハイエースカスタムでは目が離せない!【大阪オートメッセ2018】

『415コブラ』怒涛の新作ラッシュ。ハイエースカスタムでは目が離せない!【大阪オートメッセ2018】

415コブラから“ブレーキパーツ”を始め、新型パーツが続々登場!

「大阪オートメッセ2018」に出展しているエアロパーツやホイールなど、ハイエース用のドレスアップパーツで人気の「415コブラ」。その「415コブラ」から、4型後期が登場したタイミングを見計らって、最新のパーツを用意した、ということなので、その模様をレポート!

 

まずはホイールから。「415コブラ」の人気ホイール、『バッドラッカー』といえばリムエンドとディスクのスポークが連続するデザインであったが、その『バッドラッカー』のデザインを踏襲しつつも、さらにリムに深さがあるものが欲しい…というオファーに応えた新製品。
その名も『バッドラッカー 24POINTS(ポイント)』。この24ポイントとはホイールの周囲に散らばる23本のピアスボルトとエアバルブの1本を足した数字のこと。この新作ホイールから設定サイズが17×6.5、インセット+38となり、ノーマル車高で4WD車にも装着が可能になったとか(これまでは7.5Jの+35でオーバーフェンダーがないとハミ出していた)。
設定は17インチと18インチの2種類を用意。さらに価格は17インチが\25,000(ブラックポリッシュ)、18インチが\33,000(ブラックポリッシュ)と買いやすい価格帯。まさにエントリーユーザーから気軽に楽しめる仕様になっている。
続いては、リム鍛造の1ピース・フォーミング工法を使用の『バッドラッカーSD-6』の20インチ(20×8.5+34)。NEWSなのは、その定番人気の大口径ホイールに期間限定色の『DTMX』が登場すること。ネーミングを表す新色の中身は“ダークチタンメタリックマシニング”。期間限定なので、他のライバルと被りたくない人にはオススメ。現段階では4月の発売を目指しているとそうだ。
さらにホイールネタは続いて、名称始め、一切の詳細がまだ不明だが、参考商品としてディスプレイされていたのが、ワーク製のリムを使用した2ピースホイール。ディスクが鍛造のこの新型ホイール、5月明けには登場予定とか。こちらも期待したい!!!
さて、今回の新作ラッシュで最もオススメなネタが『415ブレーキシステム』。専用ブレーキパッド、ローター、ステンレスホースが1セットになったアイテムで、18インチ用が355φ、17インチ用が330φ。2種類のサイズが用意されている。キャリパーキットを装着しても同ブランドのバッドラッカー等のホイールなら干渉しないサイズ設定になっている。
これ以外にもドライカーボン製の『BY2ボンネット』も新作。ドライカーボンで一枚ものでは、なかなかありえないもの。バッドフェイスなデザイン等はこれまでのシリーズ同様。レーシー派にはオススメのアイテムとなりそう。
2018年、「415コブラ」は10周年を迎えるというメモリアルイヤー。続々登場する新作含め、「415コブラ」からは目が離せなくなりそうだ!

 

 

ラブラーク TEL06-6786-3002
http://415cobra.com

 

[リポート:木村隆之]
ハイエーススタイル編集部

 

 

 


画像ギャラリー