中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿 (1/2ページ)

中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく
一石を投じた「ロッキーオート」の大胆不敵なクルマ作り

世界的にも人気、価値ともに高まりつつある日本を代表する名車、スカイラインGT-R。
2018年初頭に開催された日本初のヒストリックカーオークション(BHオークション)で、第2世代と呼ばれるGT-Rの最終モデルであるR34型(未登録、走行10km)が3,200万円という驚愕の価格で落札されたニュースは自動車業界を駆け巡った。

そのご先祖様である第1世代と呼ばれるケンメリ(4代目 C110型スカイライン)GT-Rは総生産台数197台(諸説あり)というその希少価値から、すでに同等以上の価格で取引。もはやスーパーカー級の相場にまで値がつり上がってしまっており、今じゃ標準仕様のGTやGT-Xも、かなり値がはるように。日に日に、乗りたくても乗れない環境になっているといえる。

一方で、こんな人も増えてきた。旧車のスタイルは大好き。あの頃のクルマの形には、現代と違って夢があった。だからいつかは乗ってみたいのだけれども、古いクルマは何かと大変そう。重いステアリング、扱いづらいマニュアルミッション、効かないクーラー(あればまし)、ガソリン臭さにかび臭さ、などなど。運転はもちろんのこと、万が一、どころか千くらいありそうな故障も心配だし、日頃のメンテナンスや後々のパーツ供給にも不安が山ほどあって……。
よほど覚悟のある好き者でなければ、そうおいそれとは、旧車の世界へ踏み出せない。好きな形、憧れのスタイリング、夢の名車に、乗りたくても乗れないという状況を何とか変えられないものか。

 

外観はよほどのマニアでないと、本物と見分けがつかない高い完成度

そのようなオーナー予備軍の夢を叶えてくれるのが、旧車の世界をより身近にする革新モデルを数多く提案してきた愛知県岡崎市の旧車専門店である『ロッキーオート』。なんと、8代目のR32型スカイラインにケンメリGT-Rの皮を被せる、なんとも大胆な手法でヒストリックカーを所有することの不安のかなりの部分を払拭した。

【関連記事】「R35GT-R」中古車価格に異状あり!! 下げ止まりから高騰に一転! いま買うべきベストモデルは?

ロッキーオート ケンメリ スカイライン GT-R画像はこちら「現代版ケンメリGT-R」と呼ばれるコンプリートカーは簡単に説明するとR32型スカイラインをホワイトボディにして大胆にもA/B/Cピラーをカット。そこに本物のケンメリから肩取りしたFRP製のパネルをドッキングすることで成立している。FRPも歪み防止やしっかりとした強度を出すため、なんと5層構造。ボンネットやドアなどはずっしりと重量感がある(それでいてオリジナルのR32型GT-Rよりも約200kg軽量)。
目を皿のようにして眺めてみれば、いくつか“おや?”と思う部位もあるにはあるけれど、全体の雰囲気はまさにケンメリGT-R。よほどのマニアでなければ、本物と識別することはできないだろう。ロッキーオート ケンメリ スカイライン GT-R画像はこちら

また、ボディをカットしたことで低下した車体剛性は、ケンメリのボディラインに合わせてロールケージが装着され、さらに各部に補強を加えることで対応。もちろん、ロールケージのパイプは室内から見えないようにピラー/ルーフ内などに収められているので、ハードなイメージはどこにもない。ロッキーオート ケンメリ スカイライン GT-R画像はこちら

ドアを開けるとようやくこのクルマの中身がR32スカイラインであると納得できる。
室内はオプションでさまざまなパーツが選べるが、基本はダッシュボード/センターコンソール/シート、そしてエアコン/パワステなどの快適装備も含めてR32型スカイラインのままである。それでいて、窓の向こうの景色は前後左右まったくもって、ケンメリ。思わず何度も見て確認してしまったほどだ。
そのギャップを楽しみつつ、現代版ケンメリGT-R(試乗車はUSEDのR32型GT-Rベース)のエンジンをスタートし、アクセルを踏み込んだ。ロッキーオート ケンメリ スカイライン GT-R画像はこちら