パジェロやランエボで培った4WD技術を投入した新型「エクリプスクロス」

パジェロやランエボで培った4WD技術を投入した新型「エクリプスクロス」

雪道で発揮した三菱4WDシステムの真価
ドライブモードで異なる走りの個性を楽しめる

3月に発売が予定されている三菱のコンパクトSUV『エクリプスクロス』。今、もっとも人気の高いセグメントだが、SUVと言ってもアウトドア志向というよりスタイル重視のシティユース派がメインユーザーだ。

とはいえ、エクリプスクロスには三菱の最新4WD制御テクノロジーが投入され、その性能は雪上のテストコースで遺憾なく発揮された。

そもそも三菱は、パジェロに代表されるクロカン4WDの歴史が古く、SUVのパイオニア的存在。なので、長年培われたノウハウを有する。そしてハンドリングでは、ランサーでこれまた長年に渡り、ヨーコントロールをはじめとする電子制御技術を開発してきた。
それらの技術と、スタイリッシュ・クーペのデザインを融合させ、エクリプスクロスは開発された。
今回ひと足早く、北海道でスノードライビングを体験してきた。eclipse

このクルマの走りのトピックは、三菱の自慢でありこだわりの「S-AWCシステム」だ。
平たく言えば「電子制御により、クルマの姿勢を統合的に制御する」というもの。
電子制御4WDシステムは、路面のコンディションにより前後の駆動力配分を行う。
一方AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)は、ブレーキ制御を追加し、ヨーモーメントつまり、クルマが旋回しようとする動きをいち早く察知。左右輪をコントロールすることで曲がりやすくしたり、安定させたりする。
そして、この前後と左右の動きを統合制御するのが「S-AWC」だ。eclipse

「S-AWC」は、AUTO、スノー、グラベルといった3つのドライブモードを備える。
まずはAUTOで走行してみると、安定感が高く、非常にバランスの良い走りを見せた。滑りやすい路面でも、クルマ任せで安心して走れる。eclipsecross次にスノーモードを試す。
雪道想定だから、より安定志向になるのかな、と思いきや、ある意味反対。雪道のように路面μが低く滑りやすい状況では、ステアリングを切っても曲がりにくい。なので、電子制御で積極的に曲がりやすくしてくれる。その上でリヤが破綻しないように安定させる。
この考え方、正しいと思う。舵が効かないアンダーステアは特に雪道では恐いし危ないから。eclipsecross

そして、グラベルは”トラクション”重視。その分、アクセルを踏むとプッシングアンダーとなるシーンもあるが、クルマを前に進ませようとする制御が感じられる。

複雑なロジックで制御されているが、モードごとの狙いは明確であり、シチュエーションに応じてチョイスすれば、常にハンドリングと安定性が得られるだろう。eclipsecross

ちなみに、同社のアウトランダー(下の写真左)とエクリプスクロス(同右)のホイーベースは同じ。
だが、エクリプスクロスは前後のオーバーハングが短く、全長が短い。さらに重量差も効いているのだろう、全体的にアウトランダーより軽快な走りであるのが、雪上でも体感できた。
おそらくアスファルトの舗装路でもハンドリングの良さを披露してくれるだろう。今から発売が楽しみだ。

三菱自動車 http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

レポート:佐藤久実


画像ギャラリー

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!