日本車をこよなく愛する米国人ユーチューバー「スティーブ」っていったい何者? (1/2ページ)

日本車をこよなく愛する米国人ユーチューバー「スティーブ」っていったい何者?

12万人のファンを抱える「スティーブ的視点」、
その原点となった日本車愛についてインタビュー

4年前、息子の誕生日にカメラをプレゼント。そのカメラで愛車の動画を撮影したのが、ユーチューバーになる最初のきっかけ。
そして、大好きなスカイラインGT-Rや旧車、セダンといった「日本車」をレポートしたYouTube動画が、あまりの面白さから一躍話題の人物に。生粋のアメリカ人の愛車が、なぜ日本のカスタムカーなのか。日本車好きになった知られざる青春時代のエピソードと合わせてインタビューを行なった。steve's POV、スティーブ的視点、you tube、ユーチューバー、日本車、クラウン、シーマ

「正直、日本車には全く興味がなかった。というよりも、むしろ嫌いなぐらい(笑)。父親がアメリカンマッスルカー一筋だった影響でカマロやマスタングとか、パワーのあるクルマが大好きでした。僕は1970年生まれですが、70年代から日本車が大量に入ってきた。幼い頃の日本車は、安っぽくて、小さくて、パワーがない……。『何でこんなのに乗るの?』って、そんなイメージしか持っていなかったんです」。

そんな彼が今、大人気のユーチューバーとして、日本のクルマ業界で一目を置かれている。
チャンネル名は『Steve’s POV スティーブ的視点』。チャンネル登録者数は12万人以上、総視聴回数も約3000万回というから凄い。その中でスティーブさんは驚くほど流暢な日本語で、日本車を中心とした改造車をユーモアを交えながらレポートしているのだが、これがじつに面白い。
それにしてもなぜ、生粋のアメリカ人である彼が、日本語で日本車を解説しているのか。日本車は嫌いだったはずなのに。steve's POV、スティーブ的視点、you tube、ユーチューバー、日本車、クラウン、シーマ

「1991年の夏休み、21歳の時に初めて日本に行きました。当時はウィスコンシン州立大学の学生で、経営学を専攻。日本は空前の好景気で、あらゆる人が世界一の経済大国だと認めていた。僕もこれからは日本だと思い、大学では日本経済はもちろん、日本語も一生懸命学びましたね」。
そして、留学生として来ていた日本人と友達になり、「そんなに日本が好きなら、ウチの実家に泊まったら?」という話に。期間は夏休みを利用しての僅か2ヶ月。そこで大きな転機を迎えることになる。

「クラウン、シーマ、ハコスカ、ケンメリ……。一瞬で超カッコイイ!ってなった。小さくてパワーのない日本車しか知らなかったけど、『こんな素晴らしいクルマがあるんだ』ってね。あと、街道レーサーとか、当時の改造も自分好み。あんなに凄いオーバーフェンダーを見たのは初めてで。元々嫌いだっただけに、好きになると反動が凄くて(笑)、一気に日本の改造車に目覚めたんです」。steve's POV、スティーブ的視点、you tube、ユーチューバー、日本車、クラウン、シーマ

日本人留学生の友達からの何気ない誘いをキッカケに、クルマの趣味が180度変わってしまった。
友達の実家は埼玉県の養鶏場。ホームステイ中の2ヶ月間、養鶏場でアルバイトをさせてもらうのだが、卒業の年に『日本の養鶏場での経験』をテーマに全米日本語弁論大会に出場すると、なんと最優秀賞を獲得。副賞として日本航空からファーストクラスのチケットが贈られ、あれよあれよという感じで、憧れの日本企業への就職まで決まってしまう。そんな人生のエピソードも語ってくれた。

「卒業後の5年間、日本でお世話になりました。就職先はコンピュータ会社。そして2年で独立し、日本で有限会社を設立。翻訳や通訳の仕事をしつつ、現在の本業である不動産の仕事をするようになったんです。いま思うと、あのホームステイが僕の人生の大きな転換点だった気がします」。

日本にいた5年間で乗った日本車は10台近く。セダン系だけでも、ローレル、Y32セドリック、16アリスト、30セルシオ、50プレジデントと、5台も乗り継いだ。
「アリストは、ターボで速いし、セルシオはスムーズな走りが良かった。近所にイエローハットがあって、そこで19インチのホイールを買ってカスタムも楽しみましたね。あと、日産のプレジデントは印象的だった。ソブリンというグレードだったけど、見た目はクールだし、室内も広いし最高に良かった」。steve's POV、スティーブ的視点、you tube、ユーチューバー、日本車、クラウン、シーマ

 

 

大学で日本のことを学び、念願だった日本での就職。初めて来た時に日本車に惚れ込み、何台もの日本車を乗り回した。こうした経験があるからこそ、ユーチューブの『スティーブ的視点』は多くの日本人にうけ、愛を感じるレポートに親しみを感じるのだろう。

 

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー