SUBARU XV&インプレッサSPORT/G4の走りを変える補強パーツたち

SUBARU XV&インプレッサSPORT/G4の走りを変える補強パーツたち

タワーバーからピッチングストッパーまで
SGPの持つ上質な走りに磨きをかける

補強系パーツを展開する「CUSCO(クスコ)」から、現行XV&インプレッサ(G4/スポーツ)用にストラットバーをはじめとした各種アイテムが登場。装着することで、卓越した走りがさらに魅力的に変わるはずだ。

他銘柄に比べて、走りにこだわりを持つオーナーが多いスバル。水平対向エンジン&シンメトリカルAWDを武器にするメーカーだけに、スポーティさに特化したモデルではなくても、走りに気持ちよさを求める人は多い。
とくに人気のXVやインプレッサSPORTS/G4は、次世代プラットフォーム「SGP」を真っ先に採用しており、その上質な走りは文句なし。ただ、もっとスポーティさを際立たせたいという走り好きならではのニーズも高い。そこで「クスコ」から新たに登場した補強パーツ。自慢の走りがさらに引き締まる。

 

【ストラットバーType-OS(フロント/リア)】

ボディ補強のファーストステップ
サスペンションの取り付け部剛性を高めることで、ダンパーの動きを最適化しシャープなハンドリングとコントロール性を可能にしてくれる。おなじみのクスコブルーの『マウントブラケット』がドレスアップにも効果的。軽量アルミ製・高剛性シャフトを採用。

『マウントブラケット』はスチールを採用。クスコブルーのアルマイト仕上げが施される。

 

【強化ピッチングストッパー】

加減速時のエンジンやミッションの前後方向の動きを抑制
スバル車の多くはトランスミッションからドライブシャフトが出力されるため、加減速によってミッション本体が前後方向に動いてしまう。
その動きを抑制する純正ピッチングストッパーを強化。ボディ側に強化ゴムブッシュ、エンジン側はリジッドマウントとすることにより、リニアな加速感と、MT車では引き締まったシフトフィールが体感できる。

本体は美しいブルーアルマイト仕上げ。残念ながらターボ車はインタークーラーの下に隠れてしまう。

【強化リアデフマウント】

リアデフキャリアの動きを抑えてリニアな加速をサポート
ブルー塗装のスチールボックスを採用し、左右のブッシュには強化ゴムブッシュを圧入。
リアデフキャリアの余計な動きを抑制し、トラクション性能を最適化する『強化リアデフマウント』だ。スポーツ走行から街乗りまで、リニアでスムースな加速感を実現。静粛性も考慮しているので、音や振動の発生も抑えられている。
純正デフマントと交換するだけのボルトオン装着を実現。

 

【可倒式牽引フック フロント】

コースオフしたときのマストアイテム
サーキット走行を楽しむ際の必需品といえる『牽引フック』。
高強度設計の一体成形型(溶接なし)のスチール製で丈夫な作りとなっている。レッドカラーのスタイリッシュなフックは、0度/90度がワンタッチで可倒し固定できる。万が一のコースオフのために備えておきたい。クスコ、ストラットタワーバー、強化ピッチングストッパー、リアデフマウント

 

Parts List
ストラットバーType-OS フロント 1万5000円+税
ストラットtバーType-OS リア 1万5000円+税
可倒式牽引フック 9800円+税
強化ピッチングストッパー 1万円+税
強化リアデフマウント 1万3000円+税

 

キャロッセ TEL027-352-3578
https://www.cusco.co.jp


画像ギャラリー