バック時の安全性を向上!リヤカメラなどの映像を大きなモニターで見られる

バック時の安全性を向上!リヤカメラなどの映像を大きなモニターで見られる

純正リヤカメラを社外ナビにも接続可能

バックするときなど、車両後方やサイド、車種によっては車体を真上から見た周囲の映像をモニターに映し出すカメラが純正で装着されているクルマが増えている。目視やミラーでは見えないところに、障害物や子どもなどを確認ができる非常に便利な安全装備だ。
しかし、その映像を映し出せるのは小さな専用モニターだったり、純正ナビだけなど、違う部分でガマンしなければならないのがネック。
そんな悩みを解決してくれるのが、「データシステム」の『カメラ接続アダプター』シリーズだ。「さすが純正パーツ」というフィット感を誇る純正カメラからの映像データは、じつは純正ナビ(ディーラーオプションも含む)以外では映し出すことができない。データシステム

そのような理由から高性能・高音質な社外ナビを諦める、といったユーザーも多いことだろう。

そのようなオーナーのために「データシステム」は、純正リヤカメラの映像を社外ナビでも見ることができるようにする接続アダプター『RCAシリーズ』をラインアップしている。データシステムシフトレバーをリバース(Rレンジ)にしたとき、純正のリヤカメラに電源を供給。カメラからの映像データを社外ナビのRCA端子へと送信する。データシステム

「純正リヤカメラにこだわらず、社外カメラを使えば・・・」と思う人もいるだろう。
最近のクルマは、純正のリヤカメラだけをオプションで装着することが可能(オーディオレス)。本来はディーラーオプションのナビを付けるための設定なのだが、カメラが装着されるだけでなく、カメラから車内までの配線も付いている。
意外に社外カメラからの配線を車内に引き込む作業は手間(工賃)がかかるので、じつは純正オプションのリヤカメラはを付けておいたほうがオトクなのだ。

もちろん、純正ナビが壊れてしまったとか、新しいナビに替えたいというユーザーにもオススメなのは言うまでもない。

小さな車外カメラ用モニターの映像を
ナビの大きな画面で映し出せる!

ボディサイドやリヤに装着された複数のカメラからの映像を合成して、車両を真上から見たような映像とする全方位カメラを専用モニター(ルームミラーを使うクルマもある)で映し出しているクルマはけっこう多い。データシステム全方位カメラは、ドライバーから見えない部分を映し出すことで、周囲の障害物や子どもなどを確認できる安全装備のひとつ。一般的には、全方位カメラの映像のほかリヤカメラの映像も同時に表示している。データシステム

ところが、そのモニターのサイズは小さめで、意外と何が映っているかが判断しにくい。

そこで「データシステム」は全方位カメラやリヤカメラの映像をナビの大きなモニターに映せる接続アダプター『ツインVeiw-KIT』を設定。データシステム社外ナビはもちろん、ディーラーオプションナビにも対応している。また、サイドカメラの映像も映し出すことを可能とする接続アダプターもラインアップしている。データシステムなお、車種によって使用する接続アダプターは異なるので、データーシステムのホームページで確認してほしい。

データシステム https://www.datasystem.co.jp/

 


画像ギャラリー