MAX織戸がプロデュースする「トヨタ86の上質でオトナなエアロフォルム」

最高のマッチングを約束する
純正クオリティの高精度エアロ

ノーマルでもトヨタ86のデザインは十分に格好いい。
「でも、オトナっぽさやレーシーな雰囲気を強調したい……」。織戸 学選手がプロデュースしたオリジナルのエアロブランド「AKEa 86 K-one Style」は、そんな上質な86を狙ったものになっていた。86、AKEa、織戸学

フェンダー幅を広げるとカスタムの幅まで広がる

前後に装着されるのは、リップタイプのスポイラーとリアバンパー下部に装着されるディフューザーがメイン。これらは、じつにシンプルな形状になっていて、純正バンパーのデザインを尊重した機能美を追求したカタチだ。
そして、最大のアピールポイントは、前後にプラス9mm幅のフェンダーを装備しているところ。あまりにも純正然としているので、じっくりと写真を見ていただきたいのだが、前後のボディ幅が純正よりも広がっているがわかるだろう。86、AKEa、織戸学

フロントフェンダーには、縦に大きなスリットが入り、スポーティな雰囲気を強調。リアフェンダーも純正のプレスラインを活かすカタチで、美しく盛り上がるようにデザインされている。いかにもFR車らしい迫力あるスタイリングになっているのだ。

「アドバン」の新作ホイール『TC-4(18×9.5J・ET45)』を問題無く装着していることからも、このフェンダーを装着する意味がある。フェンダー幅を広げることで、カスタマイズの幅も広がるのだ。86、AKEa、織戸学

 

ちなみに素材にもこだわっていて、フロントフェンダーはFRPだが、その他パーツはすべてABS製。
製造方法は純正パーツを作るように、モデラーが粘土を削ってカタチにしているという。純正同等のクオリティと言っても過言ではない。

近日、”GR”からは86用パーツが発表されるようだ。精度が高い今作を”GR”パーツと組み合わせることで、より上質なスタイリングが狙えるかもしれない。なお、このキットは全国の「GRガレージ」での展開も検討されているという。ディーラーで取り付けまで出来ればさらにうれしいことだろう。

 

AKEa 86 K-one Style
フロントスポイラ 4万2,800円(5万800円)
フロントスポイラーエンドフィン 2万3,500円(3万1,500円)
上記2点フロントセット 6万4,000円(8万円)
フロントフェンダー 12万8,000円(14万6,800円)
サイドマーカーハーネスキット 1万2,000円
フロントバンパーガーニッシュ 3万5,000円(4万7,000円)
上記3点フロントフェンダーセット 17万3,800円(20万3,800円)
サイドステップ 6万6,000円(8万4,000円)
リアフェンダー  4万4,000円(5万3,000円)
リアディフューザー 5万5,000円(6万3,000円)
ガーニーフラップ 1万5,000円
※()内は純正塗装済み価格

 

共栄タイヤサービス TEL052-871-2055
http://www.k-one.to/

 

(レポート:大野田 諭 写真:水川尚由)


画像ギャラリー