Gクラス王者「AMG G63」をあえて脱AMG仕様にした、痛快なるG63

絶対的ブランドの脱却の変わりに得た
威風堂々としたオーラの演出

オーナーの意思や思考性をカスタマイズはもろに映し出す。
そこに足し算と引き算という駆け引きが面白さを浮きだたせるのだが、”AMG”という強力なブランドを脱ぎ捨てるというテーマ。じつに痛快な1台がここにある。W463、AMG、G63、グランプリ

 

メルセデス・ベンツ Gクラスのカスタムで、最もベーシックなアプローチはAMGスタイルだ。
メルセデス・ブランドにおいて”AMG”のあり方は車種を超えて常に特別なもの。それは存在そのものが特別なGクラスにおいても然りである。
では、AMG G63モデルを手に入れておきながら、”AMG”にこだわりをもたないカスタムメイクの命題を突き付けられたらどうするか。その難題にチャレンジしたのが名門カスタマー、愛知県にある「グランプリ」だ。W463、AMG、G63、グランプリ

まずは、フロントグリルまわりのメッキをマットブラック化というプロローグでファーストインプレッションを掴み取る。
そして、AMGのイメージを払拭するうえで最も分かりやすい選択肢はホイール。わざわざ一流ブランドを脱ぎ捨て、アメリカの鍛造トップブランド『BCフォージド』をセットした。さらに、視覚と音質という五感への訴求にもチャレンジ。それが「4×4スクエアード」純正エキゾーストのセッティングだ。W463、AMG、G63、グランプリ
G63は左右2本出しが基準だが、片側2本出しの左右4本出し大径砲弾型テールをサイドビューのアイキャッチにし、迫力の低音も引き出す。もちろん、インテリアでもコンセプトは共通。AMGパフォーマンスステアリングでなく、「グランプリ」のワンメイクものにリセットしているのである。W463、AMG、G63、グランプリ

このG63のこだわりはまだエピローグを迎えてはいない。
セットアップしたフロントスポイラーのブラバスのサイドには本来なら、あの”B”ロゴエンブレムが貼られているのだが、それすら取り払われているのだ。ブランドレス化で極める「オレブランド」への挑戦にも映る。W463、AMG、G63、グランプリ

SPEC
フロントスポイラー:ブラバス
フロントグリル/バンパー/サイドステップ:ラッピング
エンブレム:マットブラック塗装
カーボンミラーカバー、LEDウインカー
ホイール:BCフォージドHB-R7(9.5×20 ET35)
タイヤ:ニットーTERRA GRAPPLER(285/55R)
ステアリング:カーボン
ウインドモジュレーター
マフラー:AMG 4×4
足回り:ビルシュタイン

 

グランプリ TEL0533-56-3344
http://www.gpx-gmbh.com/


画像ギャラリー