コンマ1秒を争う世界に投入されるWRX STI専用エアロキット

あの名門が久々に手掛けたレーシングフォルム

【ZERO/SPORTS WRX STI】

SUBARU車を刺激し続ける「ゼロスポーツ」の長い歴史を振り返ると、インプレッサ(GDB型)の時代にはタイムアタック仕様に装着した本物指向のエアロパーツをリリースしていた。
今年、「ゼロスポーツ」ではデモカーのWRX STI(VAB型)で鈴鹿&筑波サーキットをメインステージにしたタイムアタックを再開するそうだ。ここ数年、「ゼロスポーツ」ではエアロパーツを積極的に開発していなかったが、デモカーのボディチューンを図るために製作したのが、このバンパータイプのエアロパーツだ。
特徴は、コンマ1秒を縮めるための空力特性と冷却性を向上させるデザインで、機能性を重視したエアロパーツとして久々に登場したのだ。過去の「ゼロスポーツ」のエアロパーツのなかで、一般ユーザーからもっとも好評を得ていたのがインプレッサ(GDB型)のアプライドF型だが、今回はその時と同じデザイナーを起用して、機能性だけでなくストリートにおけるファッション性を向上させたものに仕上がっている。
このエアロパーツはフォグカバー内にウインカーランプを配置したアプライドA〜C型用だが、ウインカーランプレスのフォグカバーも近日中に製作されるので、D型の装着も可能になる。ワインディング、そしてサーキットでWRX STI(VAB型)のポテンシャルを存分に引き出して、気持ちのいい走りを楽しむなら要チェックのエアロパーツだ。

 

WRX STI(VAB型)をさらにレーシーに見せるフロントマスク
ダウンフォースを稼ぐためにリップを大きく張り出してカナードを加えたレーシーなデザイン。フォグランプダクトからも走行風を導くことで冷却効果を最大限に高めている。

攻撃的なリアビューが機能美の極み
軽量化とマフラーの熱気を排出させるためバンパーに計10個のダクトを配置した。また延長したバンパーコーナーやアンダーフラップがリアまわりの走行風を整流している。センターのバックフォグランプは純正からの流用だ。

リアバンパーから覗く「ワールドリーガー」は小型サイレンサー+101φテールエンドの無骨な片側シングル出し。リアビューもコンペティショナルな雰囲気を漂わせている。

 

ボディラインに上手くシンクロさせたサイドステップ。リアフェンダーの手前を立ち上げたフラップ形状とすることでリアホイールアーチへの気流を整えている。

 

Parts List  ※価格は税抜
フロントバンパースポイラー ソリッドタイプ 14万8000円(FRP・未塗装)
カナード&フォグランプダクトセット 18万8000円(カーボン)
サイドステップ 8万円(FRP・未塗装)
リヤバンパースポイラー 14万8000円(FRP・未塗装)
ワールドリーガマフラー 12万8000円(VAB用)

 

その他機能パーツも揃い踏み
タイムアタック仕様としてのハードなチューニングがスタートするが、一般ユーザーに向けての機能パーツも忘れてはいない。なかでもクーリング系は「ゼロスポーツ」が得意とするパーツ。冷えた走行風を各パートに導くことでエンジンの性能を引き出している。これからのサマーシーズンに向けてWRX STI(VAB型)オーナーはぜひ装着しておきたい。

Parts List
シングルメーターフード(写真右) 2万円
クールアクション2 4万5000円(写真左・上)
クールエアインテーク(写真左・下) 1万3800円
ダイレクトフローシステムボックス(写真中) 7万円(予価)

 

ゼロスポーツ TEL058-380-2828
http://www.zerosports.co.jp

 

(リポート/SUBARUマガジン編集部)

 

 

 

 

 


画像ギャラリー