SUVの助手席側は見えにくい!「車種別サイドカメラ」で巻き込み事故を防止

SUVの助手席側は見えにくい!「車種別サイドカメラ」で巻き込み事故を防止

カメラをドアミラーに純正のように装着
ジムニー/N-VAN/プラド用を追加設定

SUVやミニバンなど背の高いクルマは、運転席から正面の眺めは良好だが、助手席側(左サイド)の前輪あたりはとくに死角になりやすい。そんな見えにくいところをカメラで映す出して安全運転をサポートしてくれるのが「データシステム」の『サイドカメラキット』だ。
車種別「サイドカメラキットSCKシリーズ」は、専用設計されたカメラカバーで、まるで純正パーツかのような高いフィッティングを実現する。その対応車種は幅広く、11月1日より新たにトヨタ・ランドクルーザープラド用の販売を開始。さらにいま人気のスズキ・ジムニー、ホンダ N-VAN用も年内には発売される予定だ。

近年のクルマは空力性能を高めるためなどボンネットの傾斜が大きくなり、運転席からはほぼ見えない。路肩にクルマを寄せたりするときは、左前輪あたりの車両感覚は、まさに「カン(勘)」頼りだ。
とくに人気のSUVやミニバンは、運転席の位置が高い割には左サイド、とくに前輪付近の死角は大きい。

確かにSUVやミニバンには、法律で左サイドを見るための小さなサイドミラーの装着が義務化されている。だが、そのミラー面は狭く、お世辞にもそのミラーに映っているものがどんな障害物なのか判断することは不可能だろう。

もし、路肩に縁石やモノなどの障害物があったら?
狭い道路のすれ違いで路肩に側溝がフタがされていなかったら?
交差点を左折するときガードレールなどのポールがあったら?

もっと極端なことを言えば、助手席側のあたりに小さなお子さんがしゃがんでいたら?

助手席側の死角には、意外にも日常の運転でもさまざまなリスクが潜んでいるのだ。

「データシステム」の『サイドカメラキット』は、そんな目視できない左前輪周辺を写すためのカメラだ。『車種別サイドカメラSCKシリーズ』は、ドラミラーの支柱にピッタリと装着ができる専用設計のカメラカバーが付いているので、後付け感がまったくないフィッティングを実現している。

この車種別タイプのもう一つのメリットは、カメラがドアミラーの支柱部に装着されていること。もし、狭い駐車場などでミラーを格納するようなことになっても、『サイドカメラキット』で映し出す向きは変わらないというわけだ。

純正サイドカメラの中にはミラー部に装着されていて、ドアミラーが壁に当たりそうだからと畳んだらあらぬ方向を映すようなことはないわけだ。まさに、クルマをギリギリまで路肩に寄せることができるよいうもの。

なお、カメラからの映像は、同社のスーパースリムモニターやカーナビゲーションのモニターに映し出せる(ともに別売りの接続ハーネスキットが必要)。
どちらのモニターを使用するかは個人の意向次第だが、助手席側のAピラー付近に『スーパースリムモニター』を装着すれば、助手席前を見た後にモニターまでの視点移動も少なく、路肩のイメージもつかみやすくオススメだ。

なお、11月1日よりトヨタ・ランクルプラド用の発売された。

このほか、下記の2車種の『サイドカメラキットSCK』年内発売が予定されている。

スズキ・ジムニー用

ホンダ・N-VAN用

サイドカメラキットSCKシリーズ ¥18,858〜(税別)

データシステム https://www.datasystem.co.jp/

 


画像ギャラリー