afimp Style up Car Contest 2018 【第287回 山形県 ロッソカーズ】

afimp Style up Car Contest 2018 【第287回 山形県 ロッソカーズ】

山形の広大な牧場で開催された
ゆったりまったりスタコン!

 山形の名店「ロッソカーズ」で開催されたスタイルアップカーコンテストの模様をお届けします。
 フィアット&アルファを中心に純粋に走りを楽しむチューニングを施したクルマや、人を楽しませるスタイルアップが施されたクルマなど個性溢れるクルマが緑豊かな月山高原ハーモニーパークに集結。
「東北トリコローレ2018」と同時開催され、会場は大賑わいでした!

 

【フィアット500C】

鹿野田 憲サン 51歳(山形県鶴岡市)

 ノーマルのイメージを崩さずにスタイルアップをしている鹿野田サン。必要最低限ながら、確実にポイントを押さえたモディファイはお見事。オーダーメイドのシフトブーツも全体的なカラーリングとマッチしているし、クリムソンもフィアットの雰囲気にピッタリです。次考えているのは今と違ったデザインのホイールに変更することだそうです。

(F)純正オプション+アルジュジャパン・オーダーシフトブーツ (J)クリムソン・ディーンミニ(5×15) (K)トーヨーDRB(185/15) (L)(P)ディクセル (M)アバルト純正 (N)アイバッハ (O)美響 (R)ASSOアルミペダル (S)スリーハンドレッド・アースケーブル & リバウンドストップラバー ASSOエアクリーナー

【アルファロメオ145】

細川 浩サン 45歳(岩手県柴波群)

過去にアルファロメオ155やフィアット・ウーノに乗っていた細川サン。しばらくイタリア車を降りていたのですが、知り合いから145を数万円で譲って貰ったことがきっかけとなりスタイルアップを開始。スズキ・ワゴンRの汎用オーバーフェンダーを始めとした多くの流用ワザを駆使することで、クラシカルなスタイルが実現したとのこと。次はアルファロメオ156の純正シートを載せ換える予定です。

(A)ホーマック スポンジクッション (E)MOMOマイスター (F)汎用 (J)XXR(8.25×15) (K)ナンカン(205/50) (L)(P)インポートチューナー×ディクセル (M)(N)XYZ (O)GAP (Q)ワゴンR汎用オーバーフェンダー 各部ラッピング & 塗装 PCDチェンジャー (S)汎用エアクリーナー パイピングDIY

【アバルト595】

高橋 徹サン 55歳(福島県伊達市)

 ASSOホイールはロッソ特注の数量限定パールホワイトをチョイス。ボディに施されたホワイトのストライプと相まってかなりクリーンな印象。日本にはないトリビュートYAMAHAⅡというグレードを意識したとか。またカフェレーサーをイメージしたというインテリアには、サベルトのバケットに4点式ベルトでやる気モリモリな雰囲気です。

(H)純正サベルトバケット (J)ASSO・ロッソカーズ特注パールホワイト(7.5×17) (K)ピレリPゼロ(205/40) (L)ディクセル (Q)ステッカー (S)BMC

【アバルト595】

真野利彦サン 56歳(新潟県新潟市)

 もともとBMW乗りでしたがディーラーで一目惚れしたコンペティオーネを購入。サーキットも頻繁にいくので見た目よりも中身を重視したモディファイが特徴です。ブレンボとともにトリビュートフェラーリのホイールを導入。新作のASSOパフォーマンススロットルを装着したら低速がかなりよくなったそうです。

(H)サベルト (J)トリブートフェラーリ(7×17) (K)ポテンザS001(205/40) (L)ブレンボ4ポッドフローティング (M)コニーFSD (N)アイバッハ (O)レコードモンツァ (P)ASSOサブコン (Q)ステッカー (S)ASSOパフォーマンスプレート フロントアッパーマウントカラー インテークホールドスペーサー インテークアクセレーター パフォーマンスカラー

【アルファロメオ159】

清野純司サン 41歳(山形県鶴岡市)

 アルファロメオの現行ジュリアをイメージしてフロントグリルをブラック化。その他のメッキ部分を全てブラックアウトすることでボディにメリハリがでましたね。ルーフのさりげないエンボス加工もオシャレ。インパネもカーボンフィルムを貼ってスポーティに演出しています。

(A)コバルト (F)MOMO (G)カロッツェリア (J)ASSOパルティーレ(18インチ) (K)GTラジアル・GTX PRO(235/45) (M)(N)ビルシュタイン (O)ソルパッサーレ (Q)フロントグリル加工 ルーフカーボンフィルム (R)インパネ カーボンフィルム

【VWゴルフ】

佐藤克彦サン 41歳(秋田県大仙市)

 希少なCOXコンプリートでエントリーしたのはインプ常連の佐藤サン。こだわりだというスーリーのラップランドがいい雰囲気を醸し出してますね。年式相応の雰囲気に仕上げたかったらしく、古いナビを選択したりリアウィンドウもあえて手動式にするという徹底っぷり。3型を愛するあまり、自宅には部品取り用としてもう一台ストックしているんだとか。

(A)純正VR6 (B)メタルプラスト (E)MOMOプロトタイプ (F)カーメイト (G)パナソニック (H)レカロ・エルゴメド (J)COX・CS-3(7×16) (K)ハンコック・ヴェンタス(205/45) (M)オートリファイン (N)タナベ・サステックプロ (O)COX (P)COX・B.P.R (Q)純正ヘッドライト加工 スーリー・ラップランド MTB GTI16V用フェンダーモール カーマイ・ボンネットスポイラー (R)ウッドパネル リア左右ドア 手動式ウインドウ変更 (S)ブリッツ・3S用エアクリーナー

【フィアット500】

田中康志サン 51歳(福島県福島市)

 お子さんが自立したことがきっかけで、前から欲しかったという500ツインエアーを購入。フィアットでなかなか装着している人が少ないというロメオフェラーリス18インチに合わせ、コニーのショックを導入。あと2~3㎝落としたいとか。ボディはステッカーでデコレーションされていますが、左側には一切貼らずメリハリ感を出しています。

(H)レカロSR-2 (J)ロメオフェラーリス(18インチ) (K)ピレリ・Pゼロネロ(215/35) (L)(P)ディクセル (M)コニー (Q)ステッカー (S)ASSOエアインテーク

【フィアット500】

太田英一サン 43歳(山形県酒田市)

  アッソのデモカーを試乗したことがきっかけでフィアットに興味を持ち、タイミングよくMT左ハンドル車がロッソに入荷しため購入した太田サン。ノーマルのフィアット以上アバルト未満のスタイルアップをテーマに仕上げています。インテリアにはレカロ、ボディにはMARTINIのステッカーとレーシングストライプで雰囲気もバツグンです。

(F)ブラック (H)レカロ (J)ASSOパルティーレ クラシカ(6.5×15) (K)ルッチーニ・ボーノスポーツ(185/55) (N)ASSO (O)テッツォ (Q)マティーニレーシング レーシングストライプ (R)テッツォ・ノンスリップアルミペダル

【アバルト595】

桜井 亮サン 50歳(新潟県新潟市)

 国産車からの乗り換えでアバルトを選んだ桜井サン。大きな変更点はなくシンプルなスタイルですが、自作ステッカーがワンポイントとなっておりイイ感じです。初の輸入車とのことでスタイルアップも手探り状態ですが、今はアバルトの走る楽しさを満喫しているそうです。今後は車高調など入れられたらいいなとおっしゃる桜井サンなのでした。

(J)OZ(17インチ) (K)ピレリ・Pゼロネロ(195/40) (G)カロッツェリア (Q)自作ステッカー

【VWシロッコ】

水澤たかしサン 43歳(福島県会津若松市)

 シロッコを購入したらリーガーを装着すると決めていた水澤サン。ネットでシロッコを漁っていたところ、MT左ハンドル+リーガーというドストライクな個体が見つかったので即購入したとか。購入後はホイールをレイズに変更したりカーオーディオショップ「クァンタム」でオーディオをインストールしたりと、現状満足のいく仕上がりになったとのことです。

(A)(B)(C)リーガー (G)サイバーナビ (J)レイズ(20インチ) (M)(N)KW (R)クァンタムオーディオ

【アバルト595】

三戸 夜一サン (山形県山形市)

 今年の春に納車したばかりだという三戸サン。ミニクーパーに乗っていましたが「やっぱイタリア車でしょ」ということでアバルトをチョイス。OZのホイールのみですが、堂々としたロッソのデカールが誇らしげ。普段は営業で使っているそうですが、お客サンの反応も上々のようで大満足とのことです。

(G)カロッツェリア (J)OZ(17インチ) (K)ダンロップ(205/40) (N)スリーハンドレッド (Q)ナンバーライセンスランプLED (R)室内灯LED

【ルノー ルーテシアRS】

渡辺貴比古サン 39歳(神奈川県平塚市)

 ルノー平塚店の代表である渡辺サンは、平塚店オリジナルブランド「AS ORIGINAL」を装着したスポーティなルーテシアでエントリー。オリジナルパーツはエアロ、デカール、エアクリーナーなど多岐に渡り、もはやディーラーというよりはショップレベル。ルーテシアのスタイルアップに悩んでいるオーナーは要チェックだ!

(A)(B)AS ORIGINAL (K)ミシュラン(205/40) (O)AS ORIDINAL (Q)AS ORIGINALサイドデカール ドアノブカーボンステッカー (S)AS ORIGNALダイレクトエアクリーナー

【フィアット パンダ100HP】

加藤啓介サン 48歳(山形県鶴岡市)

 購入してまだ1週間という加藤サンは、アバルト仕様にした100HPで登場。外装にはアバルトのエンブレムにステッカー。スコルピオーネで足元をレーシーに演出。インテリアにはモモステアリングや全席レカロというこだわりぶり。実はメインでアバルトも所有していますが、間に合わなかったそうです。次回も参加よろしくお願いします!

(E)MOMO (F)スパルコ (H)レカロ (J)OZスコルピオーネ(7×17) (K)ナンカン(195/40) (Q)ベロフH4 LED/スモール IPFイエローフォグ (R)MOMOペダル

【アバルト500】

豊田ちあきサン (東京都八王子市)

 お気に入りだという水色×白のバイカラーがオシャレなアバルト。オシャレなんだけど、アセットコルセのフロントとウイングを選択することでかなりスポーティなスタイルに仕上がってます。しかも女性オーナーながら左ハンドルのMTを乗りこなしているとかカッコよすぎです! 次は水色のレカロを2脚装着して、さらに統一感を出したいとのこと。

(A)(D)アセットコルサ (J)OZ(7×17) (K)ミシュラン(205/40) (R)WILLANS4点ベルト

【アバルト595】

吉田 靖サン 42歳(宮城県仙台市)

 SUGOでサーキット走行を楽しんでいる吉田サン。外装はイージーリップやボーベック、デカールやカーボンパーツでコーディネイト。強化アクチュエーターやエアクリ、スリーハンドレッドのコンピューターチューンによりサーキット走行も楽々こなすことができます。今後はLSDを装着してさらに走りが楽しめる仕様にするそうです。

(A)(B)EZリップ (J)ボーベック(7×16) (K)ディレッツァZⅢ(205/45) (L)(R)ディクセル (N)ASSOパフォーマンスダンパー (O)レコードモンツァ (P)スリーハンドレッド (S)Gテック・強化アクチュエーター ASSOエアクリーナー

【アルファロメオ ブレラ】

高橋章仁サン 47歳(山形県南陽市)

 アルファロメオでなおかつ2ドアというこだわりを持っている高橋サンは、個性的なリアデザインに惹かれて購入したブレラでエントリー。スポーティなアドバンレーシングとアラゴスタ車高調のみですが、素性がいいので十分インパクトもあります。なによりビックリしたのがモモ製のタイヤを履いていること。どんな感じなのか気になります。

(J)アドバンレーシングRSII(8×18) (K)MOMOアウトランM3(235/45) (M)アラゴスタS

【プジョー206】

結城 亭サン 44歳(山形県山形市)

 206を複数所有している206オタクの結城サン。今回持ち込んだのはロールケージやレカロ、カーボンボンネットなどで武装した177馬力のガチンコサーキット仕様。スタイルアップにも抜かりなく、最近イエローで塗装したというホイールは手違いからグリーンになってしまったとか。お気に入りはグラデーションが美しいチタン製ボンネットロッド。

(E)スパルコ (H)レカロRS-G/TS-G (J)OZ(7×16) (K)ブリヂストン・ポテンザ(205/45) (L)(P)エンドレス (N)エンドレス (O)ワンオフチタン (Q)カーボンボンネット (S)ロールケージ

【アバルト695トリブート フェラーリ】

森田昌幸サン 57歳(大阪府大阪市)

 ぱっと見ただけでただならぬ雰囲気を放っている695。一番注目するであろうフロントのモサモサは、ベロア生地を貼り込んで仕上げたもの。水分を吸収してしまうので雨の日は大変です。「遊びゴコロあるクルマ」がテーマとのことで、ミスト発生装置とLEDを仕込むことで某テーマパークばりの演出を楽しめるそうな。ぜひ夜間に見てみたかったです。

(A)ハーマン (C)(D)ヴェレーノ (E)インパル (G)ダイアトーン (H)レカロSP-X Avant (K)イーグル(205/40) (M)(N)アラゴスタ (Q)ボンネット&バンパー・ベロア貼り シザーズドア スタッズ ファイヤーサイドマーカー (R)アームレスト デフィ・3連メーター (S)Forgeインタークーラー オクヤマ ASSOキャンバーシステム ASSOホイールスペーサー BMCエアインテーク

【アバルト500C】

重實康之サン 52歳(大阪府吹田市)

 本国純正ホイールがかなりオシャレなアバルト500C。ボンネットは前に所有していた695用を流用してスタイルアップ。その他、カーボンパーツやデカールなども相まって賑やかなスタイルに仕上がってますね。最近サーキットを卒業したそうで、卒業をきっかけにアウトビアンキを購入。今めちゃめちゃハマっているそうです。

(H)レカロ (K)ディレッツァ(215/40) (N)H&R (O)レコードモンツァ (P)デジテック (Q)ASSOフロントエンブレムカーボンカバー サベルト・牽引フック スモールライトベゼル(カーボン) 695エディツィオーネマセラティ用ボンネット (R)室内灯LED カーボンエアコンスイッチ カーボンシフトカバー (S)ASSOキャンバーシム OTAエアインテーク ナガダンエンジニアリング・ホイールスペーサー

【フィアット500ツインエア】

村土勝己サン (山形県鶴岡市)

 おそらくイベントなどで目にしたことがある読者も多いのではないでしょうか。ミリタリーチックなラッピングが施されたGO & FUNのデモカーの登場です。シーカー×ワークスフェンダーの組み合わせも文句ナシにカッコイイし、加えてスーリーキャリアもオシャレ感を引き立ててますね。まさにデモカーの名に恥じない仕上がりです。

(A)アウトプラス (J)ワーク・シーカー(7×16) (K)コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト(195/45) (N)アイバッハ (Q)エヌズ・ワークスフェンダー GO & FANフルラッピング スーリー・キャリア

【アバルト500C】

丹波元気サン (山形県鶴岡市)

 こちらもGO & FUNのデモカー。同社製品らしくボディやホイールをグリーンでデコレーション。さらにレカロも限定カラーのグリーンをチョイスして統一感をアピール。スリーハンドレッド製ECUチューニングで遠征もラクラクこなせる仕様です。

(H)レカロ・スポーツスター (J)不明(17インチ) (K)ミシュランPS3(205/40) (O)ワンオフ (S)スリーハンドレット・オリジナルECU

【フィアット500L】

山田太郎サン (山形県鶴岡市)

 日本ではほぼ見掛けることがないであろうミニバンタイプの500LはGO & FUNの荷運び車。だけどしっかりとOZホイールやミラーラッピングでスタイルアップもしてるしECU書き換えなどで走りの質も高めています。ライバルが少ないだけにスタイルアップのし甲斐がありますね。

(G)カロッツェリア (J)OZスーパーレッジェーラ(8×18) (K)ピレリPゼロNERO(225/40) (N)フォクトランド (Q)ラッピング (S)BMCエアクリーナー ECU書き換え

 


スペック説明記号
(A) フロントスポイラー(リップスポイラーも含む) (B) サイドステップ (C) リアアンダースポイラー(ディフューザー含む) (D) リアスポイラー(ウイング) (E) ステアリング (F) シフトノブ (G) ナビ+オーディオ (H) シート (I) フロアマット (J) ホイール (K) タイヤ (L) ブレーキ(キャリパー/ローター/パッド) (M) ショックアブソーバー (N) スプリング (O) マフラー (P) コンピューター (Q) その他エクステリア (R) その他インテリア (S) その他の機能系パーツ

ロッソカーズ

黄色い外壁の建物が目印のロッソカーズは、高橋代表が自らの足で集めた歴代チンクの博物館も併設され、超激レアチンクなども展示しているラテン系プロショップ。
フィアット&アルファ、プジョー、ルノーなど、ラテン車のチューニングからスタイルアップ、
メンテナンスなど得意なのがココ、ロッソカーズだ。

山形県鶴岡市荒井京田字荒田248番地8
TEL.0235-24-0998
営業 10:00〜18:00(日/祝〜17時)
第3土曜・第3日曜定休
http://www.rosso-cars.com