スバルとSTIのコンセプトモデル「フォレスター」は市販化に期待の1台だった

スバルとSTIのコンセプトモデル「フォレスター」は市販化に期待の1台だった

イエローグリーンのアクセントが光る
STIコンセプトモデルのフォレスター

 SUBARUとSTIは、千葉県・幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2019」に共同で出展。STIコンセプトモデルとして『フォレスター』と『IMPREZA』を展示している。今回は、フォレスターに焦点を当てて紹介しよう。

 『フォレスター STIコンセプトモデル』は、「Advance」グレードをベースに、走りの良さを重視したハイブリッド「e-BOXER」の走行性能を、よりブラッシュアップした車両だ。エクステリアは、専用色「ファイターグレー」を採用。クールグレーカーキとダークグレーのちょうど中間くらいに位置し、闘争心を掻き立てるような色をテーマに開発したカラーだそうだ。

 エアロパーツやフロントグリルの黒色とのコントラストも考えられた色味は、グロスブラックのパーツが引き立てられたことでスポーティな印象を見せる。そこにフロントバンパー下部とサイドスポイラー、リヤアンダースポイラーにイエローグリーンのラインのアクセントを投入。アイキャッチと低重心に見える効果も生み出していた。このイエローグリーンは、WRX STIのキャリパーと同色で、今回のコンセプトカーにもWRX STIのものと同じカラーが採用されている。

 また、フォグランプ周りのコの字型には、S208で採用されたメッキ素材を使用。”限定車”的な要素を織り込んだのもポイントで、ヘッドライトのコの字型も意識しているそうだ。

 さらに、細かい変更点として、リヤゲートには、トランクリップのように外に張り出したような部分を設け、より立体的なスタイルに。車高は通常モデルから20mmローダウンし、スポーティで走りにこだわった仕様となっている。

そしてインテリアでは、エクステリア同様、イエローグリーンのラインをシートやドアの内側に採用。ドアの内張には初となる「STI Performance」のロゴをあしらうなど、内装にも力を入れていくというSTIの意気込みを感じさせる仕立てだった。

素材にもこだわりが込められており、手触りや見た目にメリハリをつけるために内張だけで5種類の素材を組み合わさせているとか。他にもシート中央には布を編み込んだような素材を使用。ずれや滑りを防止するグリップ性能に優れた機能的な一面も持たせている。

今回のこのコンセプトモデルは、すべて女性デザイナーが担当。男性顔負けの迫力あるスタイルにくわえ、女性ならではの優しさも薫らせる1台だったと言えるだろう。

もしかしたら今後の購買層に、女性オーナーが増えていくきっかけになるデザインかもしれない。


画像ギャラリー

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!