釣り人のためにカスタムした日産「キャラバン&バネット」がフィッシングショーOSAKA 2019に登場

釣り人のためにカスタムした日産「キャラバン&バネット」がフィッシングショーOSAKA 2019に登場

釣り竿や荷物を効率良く搭載できる工夫が満載

 クラストップレベルの荷物積載スペースを持つ日産『NV350キャラバン』と『NV200バネット』。ライフスタイルに合わせての室内空間カスタマイズもしやすいクルマだ。
 日産は、2月2~3日(一般公開)に大阪釣具協同組合の主催で大阪市のインテックス大阪で開催している「フィッシングショーOSAKA2019」で、この2モデルをベースに釣りや車中泊を楽しめる仕様に仕立てた3台のデモカーを展示。

 展示車の1台である『NV350キャラバンバスフィッシングバージョン』は、BSデジタル放送局「釣りビジョン」で放映中の「バーニング帝国」に登場しているモデル。
「NV350キャラバン プレミアムGX」(標準ルーフ)をベースに、外装はマットブラックのフルラッピングを施し、内装はプロアングラー(プロの釣り師)のアドバイスに基づきバスフィッシング仕様の特別装備を搭載している。
 プレミアムGXには、ラゲッジユーティリティナットが装着されているので、これをどのように活用しているか注目したいところ。ちなみに、ナットはーフサイド部、ウエスト部、フロアに近い部のサイドフック用としてセットされている。

フィッシングショー,キャラバン,バネット

『NV350キャラバン トランスポーター』は、フィッシングに最適な装備だけや、車中泊に便利なベッドシステムなどを搭載したモデル。

『NV200バネット マルチベッドワゴン』は、5人乗りワゴン2WD車をベースに、車中泊やアウトドアレジャーを気軽に楽しみたいユーザーに向けた提案。左右跳ね上げ式のベッドシステムと撥水性に優れたロンリューム加工を施したフロアパネルを採用しいる。


画像ギャラリー