ダイハツが提案する行動的な女性と大人の女性を最新イメージ像とは

ダイハツが提案する行動的な女性と大人の女性を最新イメージ像とは

シンプルだからカスタムの素材になる

 2月9日〜11日、大阪市・インテックス大阪で開催されている大阪オートメッセ2019には、大阪に本社を置く自動車メーカー「ダイハツ工業」がブースを出展。話題のコペンクーペやGRコペンも展示されているが、そうしたスペシャルなモデルに負けず注目されているのが「ダイハツ ミラ トコット」をベースとした女性向けに制作された2台のカスタマイズカー。アクティブとエレガンスと相対するコンセプトについてダイハツ工業デザイン部の米山さんに解説していただいた。

 ご存じのようにトコットはシンプルさがポイントの軽乗用車。エンジンも660ccのNAのみでミッションも全車CVTだ。それだけにカスタムのベースとして取り上げられることも少なかった。しかし、トコットのシンプルさにカスタマイズの可能性を感じたのだった。

アクティブなカメラ女子をイメージ

 

 まずは、アウトドアテイストの「ミラ トコット アクティヴVer.」。このクルマはいろんなところへ撮影旅行に出かけるアクティブなカメラ女子をイメージしている。

トコット 最大のポイントはダイハツのカスタマイズパーツブランド・Dスポーツ製のリフトアップサスペンションを組み車高をアップしているところ。タイヤもオフロードタイプ風を装着している。

 これは撮影スポットを求めて不整地にも乗り入れることを想定してとのことだが、最近は都市型SUVが流行っているだけに、この車高のトコットを発売すれば需要があるかもしれない。

トコット

 エクステリアでは前後バンパーはアウトドア的なイメージを持たせたデザインのものをワンオフで製作。ドアの下部に見える波板状模様は市販の波板風ラッピングシートを使っている。また、ドアノブなどはマットブラックにすることでかわいくなりすぎないような調整を行っている。トコット

 そしてアクティブなイメージ付けに大きく貢献している大型のルーフキャリアだが、これは純正アクセサリーのキャリアがベース。本来はルーフに対して半分のサイズだが、車高アップに合わせてアクティブさを出すため、純正キャリアを2個つなげてルーフ全体を覆うサイズに作りに変更している。

 ホイールはワーク製の「レッドスレッド」という市販品を使う。このホイールはメッキっぽい見え方のメタルコートなので、「トコット アクティヴVer.」ではホイールカラーをオリジナルで塗装している。なお、タイヤ外径はショーカーと言うことで純正より大きめをチョイス。

 インテリアは純正アクセサリーのシートカバーを装着。加えてダッシュパネルにボディ色と同じ差し色を入れることで明るいイメージを作り出している。

 トコットアクティヴVer.ではショーカーながらホイールやシートカバー、それにサイドの波板風シートなどに市販品を使用しているが、これはトコットに乗っているユーザーが自分のクルマのカスタムをする際に参考にしてもらえるようにという気持ちからだとのこと。

清潔感のある大人の女性をイメージ

トコット

 トコットは、TVCMなどでかわいいイメージを出している。例えば免許取り立ての女性がターゲットっぽく感じるが、清潔感のあるシンプルさを持つクルマだけに大人の女性が乗っても似合うのだ。トコット

 そこでダイハツは、大人の女性が乗ることをテーマにカスタムを施した「エレガントVer.」を出展したわけだ。

 エクステリアではオリジナルのバンパーやフロントフードオーナメント、メッキドアミラーカバー、メッキサイドモールを製作。トコット

 その他、ドアアウターハンドルやサイドガーニッシュ、ピラーストライプ、バックドアガーニッシュ、リアリフレクターガーニッシュは純正アクセサリーをチョイスしている。トコット

 インテリアはシート表皮などワンオフ品とインナードアハンドルベゼルなど純正アクセサリーを組み合わせて作り込んでいる。トコット


画像ギャラリー