クルマのカスタマイズは買取や下取りでプラス査定になるのか

クルマのカスタマイズは買取や下取りでプラス査定になるのか

有利になりやすいディーラーでの装着パーツ

 一般論として、チューニングやドレスアップといったカスタマイズを施したクルマの買い取り査定というのは難しい。個人としては完璧と満足できる出来上がりであっても中古車として流通させるには、ある程度多くのユーザーが”欲しい”と思える仕様にする必要がある。カスタム パーツ 相場

 パーツの価格やトレンドとの合致具合など、しっかりとチェックできる業者は少ない。そのため一般的な買い取り店では、派手にカスタマイズしたクルマは嫌がられるし、マイナス査定となることもありえる。もちろん、目利きのいる専門店に持ち込めば違った結果も出るだろうが、そうした買い取り店を見つけるのも難しい。カスタム パーツ 相場

カーナビ以外のパーツはプラス査定になりにくい

 後付けパーツで、数少ないプラス要素となり得るのはカーナビやドライブレコーダーだ。それでも古いモデルや素人配線で取り付けたものは敬遠されがちで、ディーラーやカーショップできれいに取り付けていることが条件となる。 カスタム パーツ 相場

 アルミホイールについてもマイナス評価にはならなくても、プラスとなることはほとんどないだろう。実際に中古車屋の店頭では、有名ブランドのアルミホイールやスポーツシートの装着がアピールされているが、よほどのブランド品でない限り買い取り額への影響は少ないのが実情だ。カスタム パーツ 相場

 だから、もし純正パーツが残っているのであればクルマを売る際には純正状態に戻したほうがいい。少々手間にはなるが、パーツ単体については、ネットオークションなどを利用して売ってしまったほうがお金にはなることが多いからだ。カスタム パーツ 相場

 

専門店ではプラス評価になる可能性もあり

 というわけで「下取りでプラス査定になるパーツはどっち?」という記事タイトルをつけてはみたものの、どちらもプラス査定にはなりづらいというのが結論だ。素性のわかりづらいメーカー不明品はマイナス要因となるし、カスタム&チューニングカー専門店ならば大歓迎ということもあり得る。カスタム パーツ 相場

 ただし、ディーラーで扱っているパーツを、ディーラーで取り付けたという履歴がはっきりしているのであればマイナスにはならない。その意味で、ワークス系パーツはマイナス査定にはなりづらいといえるが、大きくプラスになることもないだろう。カスタム パーツ 相場

 カスタマイズを楽しむというのは、自分の個性を愛車で表現すること。そのときにリセールバリューを気にして、我慢してしまい個性を発揮できないのは本末転倒だ。自分が最高と思う愛車の姿は、自分だけが評価できる。そうした自信を持って、チューニングやドレスアップを合法の範囲内で楽しんでほしい。


画像ギャラリー