通年使えるオールシーズンタイヤ!雪道も真夏の路面も交換せずに使える理由

通年使えるオールシーズンタイヤ!雪道も真夏の路面も交換せずに使える理由

スタッドレスタイヤは低温設計のゴムを採用

 春を迎えて、地域によっては冬の定番であるスタッドレスタイヤから夏(サマー)タイヤに交換される季節です。なぜ、タイヤを交換しなければならないのでしょうか? その理由は、スタッドレスタイヤが極寒の雪道やアイスバーンでもグリップできるようにする反面、夏のように路面温度が高いところを走るには適していないゴムを使用しているからです。では、雪道も走れて、夏もそのまま使えるオールシーズンとはどんなものなのか? 大まかに言えば、使用するゴムの材質とトレッドパターンの2つの要素が、1年を通じて使えるポイントなのです。オールシーズンイヤとスタッドレスタイヤの違い

 

タイヤを使用するの気温でゴムの特性が異なる

 サマータイヤとスタッドレスタイヤではゴムの特性が違います。スタッドレスタイヤは気温0度以下の状態でも柔軟性が失われないようなゴムが使われています。その代わり気温30度といった酷暑になると、ゴムが柔らかくなりすぎて弾力性(弾んだり、歪みを吸収し蓄える)が失われてしまいます。そのため夏にスタッドレスタイヤを履くとタイヤ(ゴム)がグニャっとした状態になり、しっかり走ることができない(走りにくい)のです。オールシーズンイヤとスタッドレスタイヤの違い

 サマータイヤは、30度の気温でも適度な弾力性が保たれるようなゴムが使われています。その代わり気温が7度とか5度と低くなるとゴムが硬くなり柔軟性が失われていきます。そのためグリップ性能が低下して滑りやすくなります。

 オールシーズンタイヤというのは、30度を超えるような暑い日でもなんとかゴムの弾力性が保たれ、0度を下回る寒い気温でも柔軟性が何とか保てるようなゴムが使われているのです。オールシーズンイヤとスタッドレスタイヤの違い

 ところがオールシーズンタイヤでも、設定された特性は商品それぞれに幅があります。ここでいうゴムが冬寄りなのか、夏寄りなのかは、作るメーカーやその商品の狙いによって変わっています。残念ながらタイヤメーカーは、どちら寄りとは公表していないので、自動車評論家による試乗記などから判断するしかありません。

 

タイヤの溝の形状で雪上グリップ力を確保

 もう一つ大切なのが、トレッドデザインです。かなり乱暴な言い方をしてしまうと、「氷はコンパウンドで走り、雪はトレッドデザインで走る」といえます。

 コンパウンドとはタイヤの接地面のゴムの材質ですから、もちろん雪を走るときもコンパウンドの果たす役割も少なくないありません。しかし、タイヤの接地面に施されている溝のトレッドデザイン次第で、案外サマータイヤでも雪道を走れてしまうこともあります。

 なぜトレッドパターンによってはサマータイヤでも雪道を走れてしまうのか? それはタイヤが接地面をつかみ捉えるグリップのメカニズムに、「雪中せん断力」という雪を踏み固めて蹴りだす時にグリップ力が発生します。これが結構な割合でグリップ効果を発揮しているからなのです。

オールシーズンイヤとスタッドレスタイヤの違い

 最近のオールシーズンタイヤやウインタータイヤが浅いⅤ字溝かそれに近いデザインがトレンドになっているのは、そのためだといっても間違いありません。オールシーズンイヤとスタッドレスタイヤの違い

 横方向のブロックとエッジが踏み固めた雪を蹴りだすのに都合がいいからです。斜め溝のデザインになっているのは、カーブでも蹴りだしが効くように作られているわけです。オールシーズンイヤとスタッドレスタイヤの違い

V字トレッドデザインは排水性も高くなる

 また、このデザインだとそこそこの速度まで排水性が高く保てるため、ウエット性能も期待できます。ちなみにスタッドレスタイヤは、ランド比が高く(接地面でトレッドブロックが占める面積比率)、サマータイヤやオールシーズンタイヤに比べ排水性は劣ります。つまり、雨の日の高速走行では、速度を控えめにしないと予想以上に低い速度でハイドロプレーニング現象を起こすことがありますので注意してください。オールシーズンイヤとスタッドレスタイヤの違い

 オールシーズンタイヤは、おしなべて気温の高い夏でもゴムの弾力性が保てるようやや夏よりのゴムを使っているので、冬場はゴムが硬くなります。ゴムが硬いと滑り出しのクルマの動きが速くなるので、タイヤメーカーはサイプ(トレッドの中にあるさらに細かい溝)を入れています。これによって、ゴムにある程度の柔軟性を持たせるられ、雪性能の底上げをしたり、コントロール性を高めているわけです。オールシーズンイヤとスタッドレスタイヤの違い

ちなみにトレッドゴムをぐっと冬寄りにしていくと、ヨーロッパで気温がある一定以下になったら装着が義務づけられているがウインタータイヤになります。


画像ギャラリー