ロータスカップジャパン 新規のレース参戦者に向けて「エントリー支援プラン」発表

ロータスカップジャパン 新規のレース参戦者に向けて「エントリー支援プラン」発表

60万~80万円相当の指定部品を提供

 ロータス車によるワンメイクレース「LOTUS CUP JAPAN」を運営するエルシーアイ(LCI)では、新規に車両を購入してエントリーしたユーザーに対して、必要な指定部品&認定部品をプレゼントする「エントリー支援プラン」を発表した。

 2007年から開催されているJAF公認のワンメイクレース「LOTUS CUP JAPAN」。その後、開催が休止された時期もあったが、2015年からは軽量なミッドシップ2シーターのエキシージやエリーゼによる白熱のバトルが展開されている。今シーズンは鈴鹿サーキットでの開催が復活、SUGO/もてぎ/富士で全6戦を戦うスケジュールとなっている。ロータスカップジャパンがレース参戦者をサポート

 レースへの新規参戦エントラントをサポートすべく、LCIでは最低限必要となる指定部品や認定部品のプレゼントを実施。エキシージなどで参戦する「Class1」のエントラントには60万円相当、エリーゼなどで参戦する「Class2」のエントラントには80万円相当という、充実した内容だ。

 サポートの条件は「LOTUS CUP JAPAN 2019」へ参戦可能な未登録新車の購入と、「LOTUS CUP JAPAN 2019」へのエントリーというふたつ。提供される指定商品・認定パーツはLCI指定品で、内容については下記を参照していただきたい。また工賃については、エントラントの負担となる。ロータスカップジャパンがレース参戦者をサポート

 なお、LCIはロータスの祭典である「JAPAN LOTUS DAY 2019」を9月8日(日曜日)に、静岡県の富士スピードウェイで開催することを発表。2009年に第1回が開催されて以来、ロータス・ファンのためのサーキットイベントとして大きな人気を集めてきた。当日は数百台のロータスが富士スピードウェイに集結し、パレードラン、ヒストリック車両によるデモラン、ニューモデル試乗、レーシングドライバーによるトークショーなど、さまざまなイベントが予定されている。ロータスカップジャパンがレース参戦者をサポート

 また当イベント内において、JAF公認レースの「LOTUS CUP JAPAN 2019」もエキシビションレースとして開催とのこと。

【Class1参戦サポート内容】
ロールケージ(サイドバー付き)/フロア補強プレート/Bピラーカバー/牽引フック取付ブラケット(フロント&リヤ)/牽引フック・板タイプ(フロント)/牽引フック・フリップタイプ (リヤ)/ベルト取付アイボルト・ステー/エスケレートTYPE E2 HANS LCJ特別モデル

【Class2 参戦サポート内容】
ロールケージ(サイドバー付き)/フロア補強プレート/バッテリーステー/Bピラーカバー/牽引フック・板タイプ(フロント)/牽引フック取付ブラケット(リヤ)/牽引フック・フリップタイプ (リヤ)/ベルト取付アイボルト・ステー/エスケレートTYPE E2 HANS LCJ特別モデル/LOTUS CUP JAPAN 適合ホイール アドバンRZ DG(1670 +31 4H 100×2本/1780 +35 4H 100×2本)

【詳しくはこちら】

エルシーアイ TEL0120-371-222
http://www.lotus-cars.jp


画像ギャラリー