ダイハツ、第25回「バリアフリー2019」に送迎支援システムや最新の軽福祉車両を出展

ダイハツ、第25回「バリアフリー2019」に送迎支援システムや最新の軽福祉車両を出展

「コトづくり」諸活動の紹介イベントも実施

 ダイハツ工業(以下:ダイハツ)は、4月18日(木)から20日(土)まで インテックス大阪(大阪市住之江区南港北)で開催される、西日本最大規模の高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展、第25回「バリアフリー2019」に軽福祉車両を出展する。

 ダイハツの軽福祉車両「フレンドシップシリーズ」は、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を搭載。車いす移動車から昇降シート車まで、安全・安心を提供する幅広いラインアップで好評を得ており、軽福祉車両の中でシェアNo.1を獲得している(2018年度上期実績)。ダイハツがバリアフリー2019に軽自動車の福祉車両を出展

 今回のバリアフリー2019では、昨年に引き続き、フレンドシップシリーズの使い勝手の良さや、介助のしやすさなどを紹介する実演デモを実施。他にも全国に活動を拡大している「地域密着プロジェクト~健康安全運転講座~」の内容を体感できる理学療法士によるステージも行なわれる。

 さらに昨年より事業化し、販売を開始した通所介護事業者向けの送迎支援システム「らくぴた送迎」に関するイベントを、バリアフリー展としては初めて実施。「モノづくり」のみならず、「コトづくり」の観点から、「地域」「高齢者」を軸としたダイハツらしい取組みを紹介する。

 なお、「人に、暮らしに、自由という歓びを。」というメッセージのもと、軽自動車から大型車までトヨタとあわせて幅広いラインアップの福祉車両を紹介。ダイハツ・フレンドシップシリーズの展示車両は以下のとおり。ダイハツがバリアフリー2019に軽自動車の福祉車両を出展


画像ギャラリー