ホンダ、障がい者の快適な生活を提案する「バリアフリー2019」出展

ホンダ、障がい者の快適な生活を提案する「バリアフリー2019」出展

用途に合わせた福祉車両から車いすまで

 Honda(ホンダ)は、4月18日(木)から4月20日(土)まで、インテックス大阪(大阪府大阪市)で開催される総合福祉展「バリアフリー2019」に出展。「Fun for Everyone. Honda ~移動の喜びを一人ひとりに~」というテーマのもと、さまざまな福祉車両と福祉機器を展示する。

 幅広い層から好評を得ている「N-BOXシリーズ」は、2018年度に23万9706台を販売。登録車を含む新車販売台数において2年連続となる1位を獲得した。この人気車をベースにした『N-BOX スロープ仕様』は、車いすに乗ったまま後席に乗車できる”車いす乗車モード”への切り替えを簡単な操作で可能とし、荷室の床を引き出すとそのままスロープになるほか、手すりをワンタッチで設置できるなど、車いすの方、介助する方、双方にとってシンプルな使い勝手を実現している。ホンダがバリアフリー2019にN-BOXなどを出展

 Hondaブースではそのほかにも、コンパクトなボディながら車いす利用者も含めて最大6名が乗車可能な「FREED+(フリード プラス)」を展示。また、Honda独自の手動運転補助装置「Honda・テックマチックシステム Dタイプ」など、各車両の特徴を生かした福祉車両の数々を披露する。

 さらに、今月より販売を開始した新型陸上競技用車いす「翔<KAKERU>」や、加齢や疾病などにより歩行能力が低下した方のリハビリ補助を目的とした機器「Honda歩行アシスト」、障がいを持つ方の自動車運転再開に向けた能力評価サポートなどを目的として、全国の病院などで活用している簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」の体験コーナーも設けられる。ホンダがバリアフリー2019にN-BOXなどを出展

 

 Hondaは、「より多くの方に移動の喜びを提案したい」という想いのもと、全国の四輪車販売店、Honda Cars(ホンダ・カーズ)で、車いす利用者のための駐車場の整備や店舗のバリアフリー化を実施。他にも福祉車両の展示車・試乗車を配備し、介助士資格を取得したスタッフが在籍する「オレンジディーラー」の展開など、車いすの人でも安心して来店できる店作りを行なっている。ホンダがバリアフリー2019にN-BOXなどを出展

主な出展車両/機器一覧

<介護車/運転補助装置>
N-BOX スロープ仕様
フリード+ 車いす仕様車
フリード 助手席リフトアップシート車
ステップワゴン 車いす仕様車(2・3列目乗車タイプ)
ステップワゴン スパーダ サイドリフトアップシート車
フィットハイブリッド 助手席回転シート車
「Honda・テックマチックシステム Dタイプ」装着

<その他>
陸上競技用車いす「翔」
Honda歩行アシスト
簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」
運転補助装置モジュール


画像ギャラリー