ホイールメーカー「OZ」日本法人が創立30周年!新作モデルを続々発表

ホイールメーカー「OZ」日本法人が創立30周年!新作モデルを続々発表

センターロック風デザインを採用

 正真正銘、メイド イン イタリーのホイールブランド「OZ」。その日本法人となるOZジャパンが、今年で創立30周年を迎えるにあたり、東京都内にて記念パーティーが行われた。そこでお披露目されたのが、数々のニュープロダクト。日本にもファンの多いOZホイール、これは注目しないわけにいかないだろう。OZが新作ホイールを発表

 OZジャパン、内山社長から挨拶があった後、イタリア本国から、サムエル・セガーラ氏を迎え、今回日本に導入される商品のプレゼンテーション。OZが新作ホイールを発表

 最注目はi-TecシリーズのIndy-HLT(インディ・エイチエルティー)と、スーパーツーリズモELMの進化系となるSuperturismo-Evoluzione(スーパーツーリズモ・エヴォルツィオーネ)の2アイテムだ。OZが新作ホイールを発表

 インディHLTは、モノブロック構造のツインスポークデザインが持ち味。見た目にもハッキリと分かる軽量コンセプトで、サイドカットや立体的なアンダーカットを取り入れている。OZが新作ホイールを発表

 OZがトレンドを作り出したと言えるセンターロック風デザインで、ホイールの表情をガラリと変えることができる。カラーはチタニウムのほか、ポルシェ用にホワイトゴールドも設定。OZが新作ホイールを発表

 もう一つの新作、スーパーツーリズモ・エヴォルツィオーネは、人気のスーパーツーリズモLMの進化版。セントラルロック・カバーを標準装備とし、引き締まったグロスブラックのカラーが幅広い車種にマッチ。OZが新作ホイールを発表

 センターキャップもカーボン調のフィニッシュとなっていて、しっかりスポーツマインドをアピールできる。18〜20インチまでをカバーする。OZが新作ホイールを発表

 このほか、OZのジュニアブランドと呼べるMSWからは、マルチスポークの「MSW30」がデビュー。P.C.D114.3/5Hの19インチ7.5Jというサイズは、日本車にもドンピシャだ。

OZが新作ホイールを発表

 OZがデザインを担当するsparcoホイールにもニューカマー。「スパルコDRS」は、エッジの効いた力強いスポークが特徴。ラリーブロンズとグロスブラックという、正統派スポーツ色の濃いカラーリングをラインナップした。

OZが新作ホイールを発表

 イタリアのOZ本体も、2021年に創立50周年を控えており、製品開発はもちろん、テクノロジーやモータースポーツなどの側面でも、今後ますますの飛躍が期待される。

【詳しくはこちら】

オーゼットジャパン TEL053-469-5011

https://www.oz-japan.com


画像ギャラリー