ジャガーの電気自動車「I-PACE」がワールド・カー・アワードで三冠達成

ジャガーの電気自動車「I-PACE」がワールド・カー・アワードで三冠達成

電気自動車は2011年の日産リーフ以来

 ジャガー初の100%電気自動車(BEV)、「I-PACE」が「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019」、「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2019」、「ワールド・グリーンカー2019」の栄誉ある3つの賞を同時受賞というニュースがアメリカから届きました。「カー・オブ・ザ・イヤー」と名がつく賞は日本のみならず世界中にありますが、はたして「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」とはどのようなアワードなのでしょうか。

 例年4月に開催されるニューヨークオートショーにて発表されることが習わしの「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」。主催団体WCA(ワールド・カー・アワード)の発足は2003年で2004年よりイヤーカーを選んでいます。ワールドの冠を掲げているため世界一を決める最上位のカー・オブ・ザ・イヤーにも見えますが、けっして各国・地域で開催されているカー・オブ・ザ・イヤーの上位にあるわけではありません。あくまでも世界中のカー・オブ・ザ・イヤーを補完する立場に立っています。ジャガーの電気自動車「I-PACE」ワールド・カー・アワード

 運営委員会は、アジア、ヨーロッパ、アメリカなどの著名ジャーナリストによって構成。アジア代表といえるのは日本の自動車メディアでもおなじみのピーター・ライオンさんです。審査員は世界24か国86名。日本から選ばれた審査員はピーター・ライオンさんを含めて8名となり、桂 伸一さん、河村康彦さん、松田秀士さん、岡崎五郎さん、小沢コージさん、佐藤久美さん、山崎元裕さんらが名を連ねています。

 まさにワールドの名にふさわしい権威のあるカーアワードなのです。

イヤーカーのほか環境とデザイン部門で受賞

 ワールド・カー・アワードでは「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を頂点に、ワールド・アーバンカー、ワールド・ラグジュアリーカー、ワールドパフォーマンスカー、ワールド・グリーンカー、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーと6つの賞を選定。2019年の各賞受賞車は次のようになりました。

ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー:ジャガー I-PACE

ワールド・アーバンカー:スズキ・ジムニー

ワールド・ラグジュアリーカー:アウディ A7
ワールドパフォーマンスカー:マクラーレン 720S
ワールド・グリーンカー:ジャガー I-PACE
ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー:ジャガー I-PACE

 なんと半分をジャガー I-PACEが占めるという結果になりました。これは史上初の偉業で、世界中のモータージャーナリストらにジャガー I-PACEが評価されたということです。なお、電気自動車としてワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは2011年の日産リーフ以来となります。ジャガーの電気自動車「I-PACE」ワールド・カー・アワード

 こうした高い評価に対して、ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)、ラルフ・スペッツ博士は次のようにコメントを発表。少々長くなりますが引用します。

「『I-PACE』が、権威ある審査員の皆様より3つの名誉ある賞に選出していただきましたことを、とても誇りに思います。私たちは、ゼロ・エミッション、事故ゼロ、渋滞ゼロというビジョン『Destination Zero』の実現にむけて、アイデアを描くことからはじめました。『I-PACE』はこれを達成するための最初のステップであり、電気自動車がニッチな選択以上のものになってきたタイミングと重なりました。ジャガーの電気自動車「I-PACE」ワールド・カー・アワード

 そこで私たちは、新たなベンチマークとなるべく、世界で最もプレミアムな電気自動車でありながら、真のドライバーズカーを開発することを目指して、全くの白紙からプロジェクトを始動したのです。

『ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019』、『ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2019』、『ワールド・グリーンカー・オブ・ザ・イヤー2019』を受賞したことで、『I-PACE』はジャガー初のBEVとして最高の評価をいただくことができました。情熱を持って『I-PACE』を魅力的なモデルとして開発に取り組んでくれたチームに、感謝の意を表したいと思います。ジャガーの電気自動車「I-PACE」ワールド・カー・アワードジャガーの電気自動車「I-PACE」ワールド・カー・アワード

 英国で設計、開発された『I-PACE』は人々を魅了し、ジャガー・ブランドに新たな顧客を呼び込んでくれています。そして、その多くのお客様にとって初めての電気自動車となるでしょう。世界60カ国以上で11,000台の『I-PACE』が既にデリバリーされています(2019年3月31日時点)。スポーツカーのパフォーマンスとゼロ・エミッション、そして他に類を見ない洗練されたデザイン、SUVの実用性、それらすべてを兼ね備えた『I-PACE』は、あらゆる選択肢のなかでも、傑出した存在であると自負しております」とコメント。ジャガーの電気自動車「I-PACE」ワールド・カー・アワード

世界一と評価されたジャガーI-PACEとは

 今回、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたジャガー「I-PACE」は、なにひとつ我慢をせずに済むハイパフォーマンスなBEVです。バッテリー総電力量は90kWh、WLTCモードでの航続距離は438kmを達成。駆動モーターは前後に配置、トータルパフォーマンスは最高出力400馬力、最大トルク696Nmとなっています。ジャガーの電気自動車「I-PACE」ワールド・カー・アワード

 959万円~というメーカー希望小売価格はオーナーを選ぶかもしれませんが、これほどのパフォーマンスを有するBEVが市販されていることは貴重です。いま日本で買える最強のセロエミッションビークルといえるかもしれません。ジャガーの電気自動車「I-PACE」ワールド・カー・アワード

 また、BEVながらエコ一辺倒のデザインとなっているのもI-PACEの美点。そもそもジャガーの最新クロスオーバーSUVである「F-PACE」の兄弟車なのです。F-PACEは2017年に「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」と「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を同時受賞。世界的に評価されたデザインを持つBEVなのですから、今回の三冠受賞も当然のことであり、驚くことではないのかもしれません。


画像ギャラリー