NASCARトラックシリーズ第7戦 、HREは4位でランキングも7位にアップ

NASCARトラックシリーズ第7戦 、HREは4位でランキングも7位にアップ

2週連続で伝統のTRDカラーで挑む

 アメリカでもっとも人気のある自動車レース・シリーズ「NASCAR(ナスカー)」の3大カテゴリーの一つである「2019NASCAR Gander OutdoorsTruckシリーズ」。5月10日に行われたシーズン第7戦は、カンザスでのナイトレースだ。

 カンザス州にあるカンザス・スピードウェイは1周1.5マイル(2.4km)のトライ・オーバルコースで、「Digital Ally 250」は250マイルレース。167周(第1・第2ステージ40周、最終ステージ87周)で争われる。カンザスは、コーナーのバンク角は緩いが、コーナーのRが大きいため、ハイスピードコースとなっている。

 このシリーズの昨年のチャンピオンチーム「Hattori Racing Enterprises(HRE)」は、NASCAR唯一の日本人オーナーである服部茂章氏が率いるチームである。今季は、ドライバーを変更し、新たにAustin Hill(オースティン・ヒル)選手を起用した。先週のドーバー戦に引き続き、この16号車のカラーリングは、「TOYOTA RACING DEVELOPMENT」の支援を受け、「TRD 40THANNIVERSARYTOYOTA TUNDRA」として伝統のTRDカラーで出場した。

 レースは今回5月10日(金)のワンデーイベントとなっており、午前中にフリー走行が行われ、夕方に予選、そして午後8時半に決勝レースが行われる。練習走行では、1回目は7番手、別のセットで臨んだ2回目は11番手で終了。続く予選では、決勝用に合わせたセッティングでの7番手のグリッドを獲得した。

 そして日没後に行われた決勝レース。スタート直後から3ワイド、4ワイドでポジション争いを展開する各車の中で16号車も集団の中で前をうかがっていく。26周目に出されたイエローコーションを使って1回目のピットイン。タイヤ4本交換に給油とマシン調整を行ってコースへ復帰。ここでポジションを13番手まで落としたものの、リスタートで9番手までポジションアップ。さらに追い上げ、第1ステージを5位でフィニッシュ。

 ヒル選手からはマシン左側からの異常な振動があるという報告があったため、このタイミングでピットインし、マシンを確認。タイヤ交換はせずにコースに戻したこともあって、第2ステージは2番手からスタート。このタイミングで素晴らしいスタートダッシュで、久々のトップに立つ。しかし2番手のマシンとサイドバイサイドで侵入したターン2で接触。クラッシュは免れたものの後続集団に飲み込まれ一時順位を12番手まで落としてしまう。

 第2ステージを8位で終えて16号車はピットへ戻る。そしてコースに戻り6番手から最終ステージをスタートした。その最終ステージはイエローコーションが出ないクリーンな展開となり、126周目にアンダーグリーンで16号車はピットへ戻る。他の車両も同じくグリーン下でのルーティンのピットインをしたため、大きなポジションダウンもなく、レース終盤ヒル選手は5番手をキープ。そして残り2周となったところでトップ争いをしていた一台が燃料切れでスローダウンし、16号車はポジションを一つ上げて4位フィニッシュした。

 ヒル選手にとってキャリア2度目となるトップ5フィニッシュで、ランキングも7位にアップした。続くNASCARトラックシリーズ第8戦は、1週間後の5月17日(金)、ノースカロライナ州シャーロットにあるシャーロット・モーター・スピードウェイで開催となる「North Carolina Education Lottery 200」に挑む。


画像ギャラリー