車いすのレーシングドライバー青木拓磨の挑戦! ル・マン24時間併催レース「ロード・トゥ・ルマン」に挑む

車いすのレーシングドライバー青木拓磨の挑戦! ル・マン24時間併催レース「ロード・トゥ・ルマン」に挑む

憧れのル・マンで併催レースへの参戦準備中

 昨年、フレデリック・ソーセ率いる「SRT41」チームに合流し、ソーセ・オーナーとともにル・マン24時間レース参戦への道を歩もうと動き出している車いすレーサーの青木拓磨選手。

 そのプロジェクト「- Takuma, Road to Le Mans Project – 」では、昨年フランス国内で行われている耐久レース「VdeV(ベドゥベ)耐久選手権」に参戦(5戦中3度の表彰台を獲得)。そして2年目の挑戦となる2019年は、すでに第2戦までを消化している「UltimateCUP(ウルティメイトカップ)」選手権」というシリーズ参戦中だ。

 ウルティメイトカップは、フランス国内で3戦(ディジョン、マニクール、ポール・リカール)、そして開幕戦が行われた ポルトガルのエストリル、チェコのスロバキアリング、ムジェロ (イタリア)、バレンシア (スペイン)の4戦と計7選で戦うこととなる。

 そして6月。青木拓磨は、ル・マン24時間レースが行われるフランスのル・マン・ブガッティ・サーキットにいる。24時間レース(6月15日-16日)と同じウィークに開催となる「ロード・トゥ・ルマン(RTLM)」というレースに参戦をするためだ。

青木拓磨がル・マン24時間レースの併催レースに参戦 RTLMは、その名の通り、ル・マン24時間レースへの参戦を目指すチームが挑戦するステップアップ・イベント。ここまで2戦を消化したウルティメイトカップに参戦しているチームの大半が参戦をする。

青木拓磨がル・マン24時間レースの併催レースに参戦「SRT41」も、ウルティメイトカップLMP3クラスに参戦をしているマシン『リジェJS P3』をそのまま持ち込んで、このRTLMでもLM-P3クラスに参戦することとなる。リジェはレース専用に設計されたプロトタイプのレーシングカーで、日産の5リッターV8エンジンを搭載する。

青木拓磨がル・マン24時間レースの併催レースに参戦「SRT41」のチーム構成は、チームオーナーが人食いバクテリアによって四肢切断という障がいを負ったフレデリック・ソーセ(2016年にル・マン24時間レースの特別出走枠で参戦経験有)。そしてドライバーには、フランス人のスヌーシー・ベン・ムーサ選手(左腕切断)、ベルギー人のナイジェル・ベイリー選手(青木拓磨選手と同じ下半身不随)、そして青木拓磨選手という3人のドライバーだ。このメンバーで、昨年からウルティメイトカップに挑戦している。

 RTLMは、ル・マン24時間レースと同じレースウィークに開催。6月12日から走行がスタートし、13日には予選とともにレース1、そして15日にレース2が開催される。2回行われるレースは55分間のセミ耐久レースとなる。青木拓磨がル・マン24時間レースの併催レースに参戦

 このレポートを書いた段階では、まだ走行は始まっていないものの、レースを前にル・マン入りしたチームはすでに車検など事前の準備を淡々と進めている。そしてこれに合流した青木拓磨選手は、ほかのドライバーとともに、さっそくチーム・ミーティングに参加し、13日から始まる2回のレースに対しての作戦会議を行った。「2020年の24時間レースに向けて、我々は、スピード、そして一貫性、プロ意識をきっちりと証明しなくてはならない」とソーサ代表はチームに檄を飛ばす。そしてチームは明日からの走行に備えることとなる。

 青木拓磨選手は1998年に2輪GPマシンのテスト中の事故によって脊髄を損傷。下半身不随となったものの、レース活動のフィールドを4輪に移し、積極的にレース活動を行ってきた。レース活動を再開するにあたり、世界一のレースに出たい、ということでこれまでパリダカ(ダカールラリー)に参戦。そして、現在の活動であるル・マン24時間レースへの挑戦を目指しているのである。


画像ギャラリー