SUBARU車を鍛える聖地、ニュルブルクリンク24時間レースへの挑戦と功績 (1/3ページ)

SUBARU車を鍛える聖地、ニュルブルクリンク24時間レースへの挑戦と功績

SUBARU・STIニュル挑戦の布石から

 今年で12回目となるニュルブルクリンク24時間レース挑戦のSTI。その足跡は、2008年の初挑戦から遡ること3年前の2005年、スバル車をメインにするチューニングパーツメーカー「プローバ」が2代目インプレッサWRX STI(GDB)での参戦まで遡る。

STIが挑戦を続けてきたニュルブルクリンクでのインプレッサの参戦歴

 当時のスバル/STIは大腕を振らず、先行部隊としてプローバに多くを託したそうだ。マシンは見た目こそ”涙目”だが、中身は”鷹目(F型)”のデバイスを搭載した先行開発車両で、現地には辰己英治/森宏志さん(当時は共に富士重工業の社員)も参加。ドライバーは清水和夫/ステファン・サラザン/佐藤久美/吉田寿博であり、初挑戦でクラス2位、総合順位は歴代最高位となる12位を獲得した。

STIが挑戦を続けてきたニュルブルクリンクでのインプレッサの参戦歴

 そして翌年の2006年は、WRCのグループNで活動を行なうイギリスのレーシングチーム「オートスポルティフ」が参戦。途中トラブルが起きたが24時間を走り切っている。

 

2008年、本格的な公式参戦へ

 2007年は不参戦だったが、2008年に「スバル/STI」によるワークス初参戦となった。マシンは3代目インプレッサWRX STI(GRB型)に変更され、決勝レースは途中でガス欠症状となってストップするも、SP6クラス5位でゴールした。

STIが挑戦を続けてきたニュルブルクリンクでのインプレッサの参戦歴

 2009年からはSTI独自のプログラム「STI NBRチャレンジ」となり、参戦クラスはSP3Tに変更。マシンは前年車両のアップデート版だが、軽量化と低重心化、更にSTI独自理論の補剛パーツも装着。マシンメンテナンスやレース運営に関わるメカニックもSTIのメンバーで構成され、「ニュル24時間=開発の場」という認識もここからスタートしていった。

STIが挑戦を続けてきたニュルブルクリンクでのインプレッサの参戦歴

 結果、2009年はクラス5位、2010年はクラス4位と成績はアップしたが、表彰台の壁は高かった。

STIが挑戦を続けてきたニュルブルクリンクでのインプレッサの参戦歴

 


画像ギャラリー