間違いだらけのチャイルドシート選び! 正しい安全性能とスペックの見方を知る (1/3ページ)

間違いだらけのチャイルドシート選び! 正しい安全性能とスペックの見方を知る

安全性を国土交通省などが評価

 幼児などをクルマに乗せる際に必須なチャイルドシート。乗車中の交通事故などで子供に大きなダメージや最悪の死に至ることをできるだけ防ぐには、安全性が高く、誰にでもきちんと装着できるものを選びたいもの。そこで、国土交通省などが行った試験結果を元に、おすすめのチャイルドシートを紹介してみよう。

 

チャイルドシートは子供の成長に合わせる

 クルマのシートベルトは、大人が使用することを前提に作られている。そのため体が小さく、骨格も発達途中でもろい子供がそのまま使っても、車外に投げ出されてしまうなど本来シートベルトが果たすべき安全性能が正しく発揮されないばかりか、逆に危害を加えてしまう可能性もある。

【関連記事】話題のレクサス「IS500 F SPORT」が1/43スケールのモデルカーに! 高性能セダンを手元に置いてみては?

安全性能ランキングでチャイルドシートを選ぶ画像はこちら

 そこで、シートベルトの代わりに子供の命を守る装置として、6歳未満の子供への着用が義務付けられているのが、チャイルドシート。乗車中の交通事故による致死率を見てみると、チャイルドシートを着用していた子供と比べて、チャイルドシート不使用だった致死率はじつに16倍(警察庁/平成29年・自動車同乗中のチャイルドシート使用有無別致死率)。大人の責任として、子供には必ずチャイルドシートを使用することが重要だ。安全性能ランキングでチャイルドシートを選ぶ

 チャイルドシートは大きく分けて3タイプ。新生児・乳児用のベビーシート、幼児用のチャイルドシート、学童用のジュニアシートだ。製品によって、ベビーシートとチャイルドシートを兼用できるもの、チャイルドシートとジュニアシートを兼用できるものなどがあり、子供の成長に合った製品を使わなければ、やはり本来の安全性能は発揮できない。安全性能ランキングでチャイルドシートを選ぶ画像はこちら

 また取り付け方法にも、従来の主流だったシートベルト固定式と、車両側に設置されたアンカーにチャイルドシート側のコネクターを挿し込むことで簡単確実に固定できる、国際基準のISOFIX(アイソフィックス)がある。日本では2012年7月以降に発売された新型車から車両側のISOFIX対応が義務化され、現在はこちらが主流になりつつある。

安全性能ランキングでチャイルドシートを選ぶ

 そして重要なことがもう一つ。それは、チャイルドシート購入の際には、国の安全基準をクリアした証である「Eマーク」の添付を確認すること。このことは多くの人が知っているはずだが、同じようにEマークが添付されている製品でも、実際に衝突などの際に発揮される性能に差があることを知らない人は多いのではないだろうか。購入したチャイルドシートが本当に子供の命を守ってくれるのかどうかは、事故に遭ってみないと確認できないが、その時に判明したのでは遅すぎるのだ。

 そこで、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が独自に前面衝突試験と使用性についての評価試験を実施。結果は「チャイルドシートアセスメント」として公開されており、パンフレットの請求やウェブサイトで閲覧可能となっている。

安全性能ランキングでチャイルドシートを選ぶ