後部座席で映画や動画が楽しめるモニター、ヘッドレスト取り付け型のリアビジョン登場

後部座席で映画や動画が楽しめるモニター、ヘッドレスト取り付け型のリアビジョン登場

大画面10.1型と9型をラインアップ

 カーナビゲーションをはじめとしたカーエレクトロニクス製品の開発・製造・販売を行なうアルパインとアルパインマーケティングから、後部座席で映像や動画が楽しめる「ヘッドレスト取付け型リアビジョン」を発表。10月中旬より販売を開始する。

 新製品は、SXH10ST(ヘッドレスト取付けタイプ10.1型リアビジョン/オープン価格)、SSA9ST(ヘッドレスト取付けタイプ9型リアビジョン/オープン価格)、SSA9S( ヘッドレスト取付けタイプ9型リアビジョン/オープン価格)の3モデル。10.1型と9型といった2タイプのモニターサイズをラインアップしている。

 また、それぞれに2個セットのパッケージを設定。後席にモニター2個を装着することで、左右別々の映像を楽しむことができるほか、ハイ/ミドルのモニターポジションも選択可能で、ヘッドレストシャフト幅90mm~155mmに対応することができる。

アルパインとアルパインマーケティングからヘッドレスト取付け型リアビジョン

 モニター本体のHDMI入力を使用することでスマホなどの映像を、モニターへ直接表示することも可能。その際、音声はヘッドフォン出力端子使用しヘッドフォンなどで聴くこともできるようになっている

 さらに10.1 型のSXH10STは、クリアハードコート液晶を採用。鮮やかな発色と質感ある映像を実現し、後部座席で迫力ある映像や動画が楽しめるコンセプトをよりリアルに体感できるという。

 なお、幅広い車種に対応すべく、ランドクルーザープラド(H29/9~現在)、プリウス(H30/12~現在)、RAV4(H31/4~現在)に対応する「KCU-Y63HU(トヨタ車用ビルトイン・USB/HDMI 接続ユニット」も新たに発売された。


画像ギャラリー