ダイハツ「アトレーワゴン」「ハイゼットカーゴ」の衝突回避支援システム車にLEDヘッドライト追加

ダイハツ「アトレーワゴン」「ハイゼットカーゴ」の衝突回避支援システム車にLEDヘッドライト追加

アトレー ワゴンには新ボディカラーも設定

 ダイハツは、軽商用車「ハイゼット カーゴ」、軽乗用車「アトレー ワゴン」、軽福祉車両「ハイゼット スローパー」「アトレー スローパー」「アトレー リヤシートリフト」 および「ハイゼット カーゴ」ベースの特装車シリーズを一部改良した。

 1960年に発売したハイゼットは、農業や運送、サービス業など幅広い業種のユーザーから高い支持を受け、累計生産台数は700万台を超える人気車種だ。その中でもハイゼット カーゴは高い人気を誇り、現行モデルで10代目となる。

【関連記事】日下エンジニアリング珠玉の1/6エンジンスケールモデル最新作! レクサスLFA「1LR-GUE」発売

ダイハツ「アトレーワゴン」「ハイゼットカーゴ」の衝突回避支援システム車にLEDヘッドライト追加画像はこちら

 またハイゼット カーゴをベースとした軽乗用車アトレー ワゴンは、日常生活やビジネス、アウトドアなどのレジャーまで幅広い用途に対応したモデルだ。ダイハツ「アトレーワゴン」「ハイゼットカーゴ」の衝突回避支援システム車にLEDヘッドライト追加画像はこちら 両モデルとも、2017年11月にマイナーチェンジを実施し、衝突回避支援システム「スマート アシストIII」を搭載。衝突回避支援ブレーキ、車線逸脱警報、誤発進抑制制御、先行車発進お知らせ、オートハイビームといった5つの機能を採用することで、安全性と安心性能を向上させている。

 今回の一部改良では、このスマートアシストIII付きグレードに「LEDヘッドランプ」を標準装備。夜間の視界をより明るくすることで、さらなる安全性の向上を実現している。ダイハツ「アトレーワゴン」「ハイゼットカーゴ」の衝突回避支援システム車にLEDヘッドライト追加画像はこちら

 また、アトレー ワゴンとアトレー ワゴンをベースとした福祉車両のボディカラーに、レーザーブルークリスタルシャインを新設定。アトレーワゴンのボディカラーは、新色を含め全7色(プラムブラウンクリスタルマイカ、レーザーブルークリスタルシャイン、タングステングレーメタリック、パールホワイトIII、ホワイト、ブライトシルバーメタリック、ブラックマイカメタリック)となる。ダイハツ「アトレーワゴン」「ハイゼットカーゴ」の衝突回避支援システム車にLEDヘッドライト追加画像はこちら

 価格は、ハイゼット カーゴが95万1500円〜153万4500円、アトレーワゴンは、157万3000円〜182万500円。

 

画像ギャラリー