「ルノー メガーヌR.S.トロフィー 」ニュルFF最速のDNAを継承したホットハッチマシンの実力【試乗】 (1/2ページ)

「ルノー メガーヌR.S.トロフィー 」ニュルFF最速のDNAを継承したホットハッチマシンの実力【試乗】

公道からサーキットまでストレスフリーで駆け抜ける

 10月31日、メガーヌ ルノー・スポールに”トロフィー”というグレードが加わった。これまでのメガーヌにもトロフィーは存在していたが、先代も先々代も限定車としてのラインアップ。だが、今回はカタログモデルとして加わることになったところがポイントだ。

 日本はルノー・スポールの販売でフランス、ドイツに次ぐ世界3位を記録する市場。今年に入ってからすでにメガーヌを556台も販売している実績を持つ。この数値は先代モデルが最も売れた時の1.5倍の数字だといい、だからこそ特別なトロフィーをカタログモデルにしても良いとなったのだろう。

 新たに投入されることになったトロフィーの中身はかなりのヤンチャぶり。搭載エンジンはルノー・スポールとして初の300馬力を達成(ベースモデル+21馬力)し、最大トルクは2ペダルのEDCモデルで420N・mを発生する(MTモデルは400N・m)。ルノー メガーヌR.S.トロフィー

 それに対応するかのように、シャシーカップを備えているところもトロフィーのポイントのひとつ。内容はベース車に対してフロントスプリング23%(バンプストッパーの長さは10mmアップ)、アンチロールバー7%、リアスプリング35%、ダンパー25%、リアアクスル11%、いずれもアップされている。ルノー メガーヌR.S.トロフィー

 加えてトルセンLSDも装備。トルクバイアスレシオは先代トロフィーの2.3:1から2.6:1へと引き上げられているという。また、ブレーキは鋳鉄製のベンチレーテッドディスクにアルミ製のハブを組み合わせることにより、1個あたり1.8kgの軽量化も達成。ディスクにはスリットも与えられた。ルノー メガーヌR.S.トロフィー

 軽量化という点ではインテリアに与えられるトロフィーならではの装備ともいえるレカロ製のバケットシートもまた、先代トロフィーよりも3kg軽量となり1脚あたり23.5kgを達成。さらに小型バッテリーとスーパーキャパシタを組み合わせてカプセル化したDESS(Dual Energy Storage System)を与えることで、フロント周りを軽量化。これもわずか8.4kgに収めているそうだ。ルノー メガーヌR.S.トロフィー

 こうして仕上げられたメガーヌ ルノー・スポール トロフィーの2ペダルEDCモデルを筑波サーキット・コース2000で試乗。走行モードを選択することが可能なので、やはりサーキットにマッチする”Raceモード”を選んでコースインすることにした。ルノー メガーヌR.S.トロフィー


画像ギャラリー