アバルト創立70周年の記念限定車「アバルト695セッタンタ・アニヴェルサーリオ」発表! 日本には200台導入

アバルト創立70周年の記念限定車「アバルト695セッタンタ・アニヴェルサーリオ」発表! 日本には200台導入

世界記録を打ち出した往年のボディ色を纏う

 FCAジャパンはアバルト創業70周年を記念した限定車「ABARTH 695 70°Anniversario(セッタンタ・アニヴェルサーリオ)」をABARTH DAYS 2019(11月9日富士スピードウェイ)でアンベール。2019年11月15日19時58分から公式ウェブサイトで予約受付を全国一斉で開始する。

 この限定車は「595 コンペティツィオーネ」をベースに、専用ボディキットで武装。前後バンパーやフェンダーアーチ、17インチホイール、サイドスカート、さらにルーフの市松模様や可変式リアスポイラーなど、70周年記念モデルにふさわしいパーツが与えられ、アバルトの象徴的なカラーであるグレーを見事に配色して差別化を果たしている。

【関連記事】「嗚呼、新車で買っときゃよかった!」将来値段が高騰しそうな「意外な国産車」4選

ABARTH 695 70°Anniversario画像はこちら

 このボディカラー拘りがある。1958年2月にイタリア・モンツァサーキットで速度記録に挑戦したフィアットヌゥオーバ500 エラボラツィオーネ アバルト レコルトが纏っていた「Verde Monza 1958(ベルデモンツァ)」を採用。この速度記録で6つの世界記録を樹立させ、アバルトの名を世界に轟かせた記念すべき1台なのだ。ABARTH 695 70°Anniversario画像はこちら

 今回のセッタンタ・アニヴェルサーリオで一番のトピックといえるのが、角度調整機能付きの大型ルーフスポイラーだろう。水平状態から直立方向に最大60度まで12段階で角度調整でき、イタリア・トリノにあるFCAの風洞テストでは、時速200kmで最大42kgものダウンフォースを発生することが確認されている。サーキットに応じてウイングの角度を変更することで、挙動の変化を楽しむことができるという。ABARTH 695 70°Anniversario画像はこちら

 プレス資料には1970年に登場した「フィアット・アバルト 1000 TCR」がリアのエンジンフードを冷却効果や空力向上のために水平に固定したことにインスピレーションを受けたとされている。ABARTH 695 70°Anniversario画像はこちら

 この「ABARTH 695 70°Anniversario」はアバルト創業年の1949年にちなみ、世界1949台の限定生産。日本の割り当ては当初100台を予定していたが、「ABARTH DAYS2019」の会場で、もう100台が追加され計200台となったことが発表された。追加された100台の仕様比率は初回と変わらず、5MT右ハンドル30台、同左ハンドル20台、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション仕様右ハンドルが50台という内訳になっている。ABARTH 695 70°Anniversario画像はこちら

 なおハンドルの左右に関わらず5MTモデルのみコーナーリング時のトラクション性能を高めたメカニカルLSDが日本仕様のみ標準装備となっている。ABARTH 695 70°Anniversario画像はこちら

 申込みはWEBでのみとなっている。また受け付け可能となるのは、カルロ・アバルトの誕生日である11月15日となり、時刻はボディカラーのVerde Monza1958にちなんで19時58分からと、マニアックな設定となっている。初回分100台振り分けと価格は下記の通り。

ABARTH 695 70°Anniversario

【5MT】
右ハンドル:30台/左ハンドル:20台
車両価格417万円

【ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション】
右ハンドル:50台
車両価格434万円

画像ギャラリー