292psの軽量ミッドシップカー!「アルピーヌ」最上級モデル「A110S」上陸

292psの軽量ミッドシップカー!「アルピーヌ」最上級モデル「A110S」上陸

内外装はよりスポーティに! 価格899万円

 ルノー傘下アルピーヌ・ブランドのライトウェイト・スポーツカー、A110の高性能モデル「アルピーヌ・A110S」が日本上陸! アルピーヌ・ジャポンより発売することが正式に発表された。

 ベースとなっているA110は、アルミ製ボディやパーツの採用による徹底した軽量化、ミッドシップ・エンジンレイアウトのコンパクトな車体、そして正確なハンドリングが特徴のスポーツカー。その元祖は、1970年代に世界ラリー選手権やル・マン24時間レースで活躍したマシンで、2017年に当時と同じ名称で復活。日本には2018年に販売が開始されている。

 現在、A110には、エントリーモデルのA110ピュアと、上級モデルのA110リネージをラインナップするが、A110Sはそれらがベース。スタイリングをよりダイナミックにし、エンジンの最高出力アップやシャシーを改良、サスペンションのチューンアップを図るなどで、スポーツ性能を大きく高めたシリーズ最高級モデルだ。

292psの軽量ミッドシップカー!「アルピーヌ」最上級モデル「A110S」上陸

軽量ボディが高い俊敏性を生む

 ミッドシップレイアウントに配置される1.8L・4気筒ターボエンジンは、ベースのA110よりも最高出力を40psアップした292psを発揮する。 

 しかも、車両重量が1110kg(グリトネールマットは1120kg)とかなり軽量のため、コーナリングなどでの高い俊敏性はもちろん、普段使いの快適性も兼ね備えており、どんな速度域でもスポーティな乗り味が楽しめる仕上がりになっている。

292psの軽量ミッドシップカー!「アルピーヌ」最上級モデル「A110S」上陸 エクステリアには、スポーツ性を際立たせるカーボンルーフ、オレンジカラーのブレーキキャリパー、ブラックエンブレムなどを採用し、よりダイナミックなスタイリングを実現する。

292psの軽量ミッドシップカー!「アルピーヌ」最上級モデル「A110S」上陸ブラック×オレンジのカラーが精悍な内装

 インテリアでは、車内各所に配したステッチを、A110のブルーに対しオレンジへ変更。ルーフライニング、サンバイザー、ドア内張には高級スェード素材のディナミカも装備する。

 また、モノコックバケット式のシートは、重量がわずか13.1kgのサベルト社製。レザーとディナミカのコンビのステアリングホイール上端にはオレンジのマーカーがあり、ステアリングホイール全体にもオレンジのステッチが施される。室内各部にはカーボンファイバーも効果的に配され、ボディに取り付けられたものと同じオレンジ色を配したエンブレムも装着されている。

292psの軽量ミッドシップカー!「アルピーヌ」最上級モデル「A110S」上陸

 A110Sは正確なステアリングレスポンスと、高い高速安定性を実現するよう設計され、 洗練されたスタイリングのエクステリア、そしてインテリアには、カーボンファイバーやマイクロファイバーなど、最高品質の素材が使われ、スポーツカーとしての素性を際立たせていることがわかる仕様。スポーツカー好きには大注目の一台と言えそうだ。価格は899万円(税込)だ。

 

【詳細はこちら】

292psの軽量ミッドシップカー!「アルピーヌ」最上級モデル「A110S」上陸


画像ギャラリー