「フィアット500 / 500C」小粋でポップなピンクグレーの特別仕様車が登場

「フィアット500 / 500C」小粋でポップなピンクグレーの特別仕様車が登場

上質感をアップしたイレジスティービレ登場

 FCAジャパンは、イタリア製コンパクトカーの代名詞ともいえる「Fiat 500 / 500C」(フィアット・チンクエチェント/チンクエチェント・シー)に、専用ボディカラーや装備により上質感を高めた限定車「500 / 500C Irresistibile」(イレジスティービレ)を設定。全国のフィアット正規ディーラーにて計260台限定で販売を開始した。

「フィアット・500/500C」に、小粋でポップなピンクグレーの特別仕様車が登場

 500 / 500C イレジスティービレは、標準モデルの500と、キャンバストップを装備した500Cに設定されている「TwinAir Lounge(ツインエアーラウンジ)」がベース。パワフルな875ccのインタークーラー付ターボエンジンを搭載した同モデルは、バイキセノンヘッドライトやフルオートエアコン、Beatsオーディオシステム、リアパーキングセンサー、ガラスルーフ(500のみ)などの豪華装備が人気。

 その限定車となるイレジスティービレは、シリーズ初のピンクグレーのボディカラーを採用。また、ベース車に標準装備されるクロームパーツに加え、クローム仕上げエクステリアミラーハウジングやポリッシュ仕上げのクロスメッシュデザイン・アルミホイールなどを特別装備することで、より一層の上質感を演出している。「フィアット・500/500C」に、小粋でポップなピンクグレーの特別仕様車が登場

 インテリアには、上品な色調のアイスホワイトを施したインストルメントパネルを採用。さらにブラックとアイスホワイトを組み合わせた2トーンシートは、キルティングおよびステッチ加工が施され、洗練された雰囲気を醸し出す。「フィアット・500/500C」に、小粋でポップなピンクグレーの特別仕様車が登場

 イタリア語で「あらがえない/たまらない」を意味するIrresistibile(イレジスティービレ)は、このモデルが「周囲を魅了する個性を持つ」ことを表現するために付けられたネーミングだ。実際、チンクチェントの小粋でエレガントなスタイルに、さらなる高級感とポップなイメージを加味していることは確かだろう。「フィアット・500/500C」に、小粋でポップなピンクグレーの特別仕様車が登場

 メーカー希望小売価格(税込み)および販売台数は、500 イレジスティービレが279万円(限定185台)、500C イレジスティービレは299万円(限定75台)だ。

画像ギャラリー