ダイハツ「タント」をベースにアクティブなカスタマイズ提案【東京オートサロン2020】

ダイハツ「タント」をベースにアクティブなカスタマイズ提案【東京オートサロン2020】

軽自動車でアウトドアを楽しむ提案

「遊びゴコロをみんなのものに」をブーステーマに掲げたダイハツは、タントをベースにクロスオーバーSUV風にカスタマイズしたコンセプトカー、「タント CROSS FIELD Ver.」を東京オートサロン2020に展示。アウトドアブームが続くなか、軽自動車でもクロスオーバーSUVが流行っているが、ダイハツではタントをベースにアウトドアを楽しむというコンセプトを提案している。

【関連記事】アイドリングストップって本当に必要? レスオプションがあったら外したいクルマの「押し売り」装備3選

ダイハツタント画像はこちら

 まず、外装で目を引くのはLEDの大型フォグランプを縦に並べたフロントバンパーや、サイドのデカールやマッドガード、ルーフキャリア、マッドタイヤに専用ホイールなど。ボディ全体も「アウトドア=アースカラー」のイメージとなっており、ベージュ系としたことで自然の中に溶け込みやすいカラーとした。

 もちろんインテリアも配色にこだわる。アウトドアでの使用を意識した防水防汚のシートカバーを装着し、ダッシュボードやメーターまわりにもカッパーオレンジのような鮮やかなカラーを配色してアクセントを与えた。ダイハツタント画像はこちら

 なお、ダイハツではタント カスタムをベースとした「タント カスタム Premium Ver.」と「タント カスタム MARVEL スパイダーマン Ver.」のコンセプトカー、および話題の「コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.」(市販車カスタマイズ仕様)、そして「ロッキー Sporty Style(市販車の用品装着車)」なども展示。

 テーマの通り、ブースはダイハツらしく元気で遊び心を刺激するクルマで溢れていた。東京オートサロン2020の開催は、1月12日(日)まで。

画像ギャラリー