TRDがRAV4のリフトアップ提案! 総額100万をかけた「フィールドモンスター」とは【東京オートサロン】

TRDがRAV4のリフトアップ提案! 総額100万をかけた「フィールドモンスター」とは【東京オートサロン】

GRパーツで着飾ったハイラックスにも注目

 千葉県の幕張メッセにて1月12日(日)まで開催されている「東京オートサロン2020」。SUVファンの目を釘付けにしたトヨタのRAV4は、TRD製パーツを数多く装備し、山・川・海などアウトドアのフィールドをターゲットとした『フィールドモンスター』へと変身していた。今回は、同じくTRDブースに展示されたもう1台、ハイラックスとあわせて紹介しよう。

【関連記事】「アウトドアの煮出しコーヒー」をお茶の間で満喫! 自宅でも使い倒せる「意外なキャンプグッズ」5選

東京オートサロン2020で展示されたトヨタRAV4のTRD製パーツ装着の『フィールドモンスター』画像はこちら

 洗練された都会的なスタイリングで、ストリートにも映える新型RAV4。しかし、”本来のステージはアウトドア!”と宣言するように登場したのが、トヨタ車のカスタマイズパーツでもおなじみ「TRD」の手によるRAV4『 フィールドモンスター』だ。ベース車となったグレードは「Adventure」。装着されたTRDアイテム群の総額100万円オーバーと、かなり気合の入った仕様となっていた。東京オートサロン2020で展示されたトヨタRAV4のTRD製パーツ装着の『フィールドモンスター』画像はこちら

 まず、目玉となるのは新商品の『リフトアップサスペンションセット』で、ロードクリアランスを確保しつつ悪路走破性を大きく向上する自慢の足回りパーツ。そんな足元には「BFグッドリッチ」のオールテレーンタイヤやオーバーフェンダーを組み合わせ、性能アップと同時にタフでワイルドな雰囲気にイメージチェンジした。東京オートサロン2020で展示されたトヨタRAV4のTRD製パーツ装着の『フィールドモンスター』画像はこちら

 また、エクステリアで注目したいのは各部のガーニッシュ。フロントロアとLEDを埋め込んだフロントバンパーはツヤ消しブラック、そしてバックドアロアはツヤ消しの金属調シルバーと部位ごとに細かく塗り分けているのが特徴。コンプリートカーとしての設定はなく、パーツ単体で販売しているのことだ。

 同じくトヨタの4WD系では「HILUX GR Concept」も人気だった。コチラはGRのスタートスイッチやサイドステップのデカール、フォグランプベゼルにデッキバーなど、ライトな仕様に仕上げられている。東京オートサロン2020で展示されたトヨタRAV4のTRD製パーツ装着の『フィールドモンスター』画像はこちら 展示車は左ハンドルの輸出仕様だが、日本でも同じパーツを装着して全国15拠点のGRガレージで販売するとのこと。

画像ギャラリー