今シーズンの活躍に期待! 5.8L・V8エンジンも存在する注目の「GRスープラ」レース用マシン5選 (1/2ページ)

今シーズンの活躍に期待!  5.8L・V8エンジンも存在する注目の「GRスープラ」レース用マシン5選

中身も外見も千差万別なレース用GRスープラ

 昨年発売され大きな話題を呼んだトヨタのスポーツクーペ「GRスープラ」。先日行われた東京オートサロン2020でも、実に数多くのGRスープラが出展されていました。カスタムカーコンテストでも、コンセプトカー部門とドレスアップカー部門の両方でGRスープラ・ベースのマシンが最優秀賞に輝くなど、力作も目立っていました。

 一方、カスタムカーコンテストへの応募資格はないものの、レース用のGRスープラも5モデルが出展され、今シーズンの活躍に期待が高まっていました。競技用車両では、ほかにもドリフト競技用マシンも数多く出展されていましたが、ここでは特に注目を集めた5台のサーキット・レース用GRスープラを紹介しましょう。

 

LC500に代わりSUPER GT連覇を狙うGRスープラ

【GR Supra SUPER GT GT500仕様】N.R.エンジン

【関連記事】ヨコハマの熱き競技用タイヤ! ユーザーから絶大な支持を受ける「ADVAN A050」とは

東京オートサロンに出展したスープラのレースマシンはGTレース仕様、スーパー耐久仕様、FIA-GT4仕様、NASCAR仕様といろいろなジャンルでの期待がつのる画像はこちら

 車両規定などでDTM(ドイチェ・トゥーレンヴァーゲン・マイスターシャフト=ドイツツーリングカー選手権)との連携も手伝い、今や世界的に注目の高まっている日本のレースがSUPER GT(S-GT)です。

 昨年、トヨタはレクサス・LC500で、マシンとドライバーの両部門でシリーズチャンピオンを獲得しています。その後継モデルとして、今シーズンのS-GTにデビューする新型の競技車両、「GR Supra SUPER GT GT500」が出展されていました。

 GRスープラに似たルックスをしてはいますが、同じくS-GTに出ているNISSAN GT-RやHonda NSXなどのライバル車と同様、カーボンで成形された“共通部品”のモノコックを採用しています。

東京オートサロンに出展したスープラのレースマシンはGTレース仕様、スーパー耐久仕様、FIA-GT4仕様、NASCAR仕様といろいろなジャンルでの期待がつのる画像はこちら

 そしてN.R.E.(ニッポン・レース・エンジン)と呼ばれる2L・直4直噴ターボのレーシングエンジンを搭載。前後のサスペンションはダブルウィッシュボーン式で、プッシュロッドでスプリング/ダンパー・ユニットを作動させるインボードタイプを採用。まさにロードカーの皮を被った純レーシングカーと呼ぶにふさわしいものになっています。

 オートサロンで公式発表はありませんでしたが、参戦体制もほぼ決定しているようで、S-GT新シーズンでの活躍に期待が高まります。東京オートサロンに出展したスープラのレースマシンはGTレース仕様、スーパー耐久仕様、FIA-GT4仕様、NASCAR仕様といろいろなジャンルでの期待がつのる画像はこちら

 

低価格化でより参戦しやすくなった市販レースカー

【GR Supra FIA GT4仕様】3L・直6ツインスクロールターボエンジン

東京オートサロンに出展したスープラのレースマシンはGTレース仕様、スーパー耐久仕様、FIA-GT4仕様、NASCAR仕様といろいろなジャンルでの期待がつのる画像はこちら

 ジェントルマンドライバーのための市販レースカーとして世界的に人気が高いFIA-GT3。日本ではSUPER GT・GT300クラスのベース車両などで有名ですが、多くのメーカーが参入することによってレースへの参戦コストが急騰。さらにランニングコストの高騰も問題となってきています。

 そんな意見に対応して誕生した車両規定がFIA-GT4です。メルセデス-AMGを例に挙げると、GT3が約4500万円となっているのに対し、GT4は約2600万円とかなりお買い得になっています。

 このGT4カテゴリーに、国産車として初めて開発されたのがトヨタの「GR Supra GT4」です。発表された価格は17万5000ユーロ(約2140万円)。エンジンは3Lの直6ツインスクロールターボで、最高出力は430馬力。

東京オートサロンに出展したスープラのレースマシンはGTレース仕様、スーパー耐久仕様、FIA-GT4仕様、NASCAR仕様といろいろなジャンルでの期待がつのる画像はこちら

 ロードモデルに比べて90馬力も引き上げられています。また、車重もロードモデルより200㎏近く軽量化されている点も見逃せません。国内ではスーパー耐久のST-Zクラスへの参戦が可能となっています。具体的な参戦計画はまだ聞こえてきませんが、おそらく新シーズン開幕までにはなんらかの動きがあることが予想されますので、活躍を期待したいところです。

画像ギャラリー