「ハチロク」廉価版で遅いはずの”AE85(ハチゴー)”に大注目! 学生の発想が生んだ「羊の皮をかぶった狼マシン」とは

「ハチロク」廉価版で遅いはずの”AE85(ハチゴー)”に大注目! 学生の発想が生んだ「羊の皮をかぶった狼マシン」とは

8名の学生が4カ月かけて作り上げた注目作

 レストアした旧車や奇想天外なカスタマイズカーを東京オートサロンで毎回披露する「トヨタ東京自動車大学校が、今回展示したクルマの中で特に注目だったのが、「ハチロク」でおなじみ4代目レビン&トレノの廉価グレードモデル”AE85″がベースの車両。シングルカムのローパワーエンジン搭載車はハチロクの影に隠れた存在であり、当時はお世辞にもパッとしなかった。しかし、ここにあるのはサーキット仕様。卒業生であるオーナーの愛着とコダワリ、学生たちの発想と技術が相乗効果をもたらした1台を紹介したい。

 ポルシェ純正のマイアミブルーに全塗装されたスプリンター・トレノ。外装もエンジンも完全にAE86仕様となっているが、前述のとおりベース車は廉価グレードのAE85だ。トヨタ東京自動車大学校の学生たちは旧車のレストアを以前から手がけており、今回めでたく東京オートサロン2020で披露された。トヨタ東京自動車大学校が東京オートサロン2020で展示したトヨタスプリンター・トレノ「AE85」

 卒業生がサーキット仕様にするべく所有していた車両を借り受けて、オーナーのリクエストを取り入れつつ8名のスタッフで仕上げたマシン。まず、エンジンは定番のAE111(7代目レビン&トレノ)用20バルブに載せ替え、搭載前にオーバーホールを行ない、マフラーやエキマニといったライトチューンのみで耐久性を重視した。目を引く4連スロットルもAE111純正だが、インダクションボックスを外しファンネル剥き出しにすることで、迫力ある外観とスポーティな吸気音を手に入れている。トヨタ東京自動車大学校が東京オートサロン2020で展示したトヨタスプリンター・トレノ「AE85」

 サーキットがメインなのでエアコンやパワステは軽量化のため取り払い、海外から取り寄せた「DNAモータリング」製の大容量ラジエーターや、サーキット走行では必須のオイルキャッチタンクを装着。ボディはラッキーなことに腐食はあまりなく、バックパネルのサビを落とす程度で、それほど大掛かりな作業は必要なかったそうだ。トヨタ東京自動車大学校が東京オートサロン2020で展示したトヨタスプリンター・トレノ「AE85」

 エクステリア最大のモディファイといえるのはルーフ。ステッカーではなく純正の屋根を切って本物のカーボン製に貼り替えた。インテリアも内張りをすべて剥がし、フロアと同色に塗装した7点式のロールケージを取り付け。クラッシュ時にドライバーを保護するのはモチロンだが、最新のタイヤによる強烈なグリップ力を受け止めるためにも、ボディ補強はマストといえるだろう。トヨタ東京自動車大学校が東京オートサロン2020で展示したトヨタスプリンター・トレノ「AE85」

 そして、足まわりは「TRD」の車高調をベースにピロテンションロッドとピロアッパーマウントで、セッティング幅を広く確保。”AE85改AE86″、今後は校内で簡単なテスト走行をしてからオーナーに返却され、セットアップ後にサーキットで活躍する予定だ。トヨタ東京自動車大学校が東京オートサロン2020で展示したトヨタスプリンター・トレノ「AE85」


画像ギャラリー