インドネシア「アフターパーツ・マーケット協会(NMAA)」が大阪オートメッセに出展、その思惑とは

インドネシア「アフターパーツ・マーケット協会(NMAA)」が大阪オートメッセに出展、その思惑とは

日本車がシェアを占めるインドネシア市場に熱い視線

 大阪オートメッセ2020には、インドネシアのジャカルタで開催される、アフターパーツ系の自動車ショー「IMX」(INDONESIA MODIFICATION EXPO 2020)のPRを兼ねて、同国の自動車アフターパーツ・マーケット協会「NMAA」が出展した。

インドネシアの自動車アフターパーツ・マーケット協会(NMAA)が大阪オートメッセ2020に日本市場を探る出展

 インドネシアといえば日本車のシェアが9割と大きく、近年はアフターパーツを購入し、カスタマイズを楽しむユーザーが増えている。とくにトヨタやダイハツのクルマが多く、スポーツカーではトヨタ86やスープラ、スバルのBRZの人気があるという。インドネシアの自動車アフターパーツ・マーケット協会(NMAA)が大阪オートメッセ2020に日本市場を探る出展

 カスタムについては、パフォーマンス系の本格チューニングというより、ルックスを重視したドレスアップ系が人気。エアロパーツやパーツのカラーに関しても比較的派手な傾向が好まれるそうだ。

 こうしたカスタム人気を背景に、近年はインドネシア国内でも日本車用のアフターパーツメーカーが増加。今回の大阪オートメッセ2020にも、ホイールやボディカバー、ライト類やエアサスペンションなど、インドネシアメーカーのパーツが多数展示されていたが、そのデザイン性はなかなかのもの、という印象を受けた。

インドネシアの自動車アフターパーツ・マーケット協会(NMAA)が大阪オートメッセ2020に日本市場を探る出展

 これらのインドネシア製パーツは、近年はクオリティが向上してきており、同時にインドネシアのアフターパーツ・マーケットに興味を持つ、日本のチューニングパーツメーカーも増えてきているとのこと。

 クルマ好きに国境はないといわれているが、日本でもインドネシアでも、日本車をベースに、個性的なカスタムが進み、お互いに刺激を与えられるようになってゆけば、もっと楽しくなってきそうだ。インドネシアの自動車アフターパーツ・マーケット協会(NMAA)が大阪オートメッセ2020に日本市場を探る出展

 なお、インドネシアのアフターパーツショー「IMX2020」は10月10〜11日に開催。アフターパーツや⾃動⾞関連産業の活性化を⽬指し、両国のカスタマイズ文化がさらに発展することに期待したい。


画像ギャラリー